調べる必要があったので昨年のNPBの先発投手のQS、HQSを改めて調べてみた。これなかなか面白い。
勝ち星はもとよりERAやWHIPとも違う指標になる。
パ・リーグ、規定投球回数以上の投手と大谷翔平

PL-QS


QSは楽天則本の22回が最高、HQSは石川、涌井のロッテ勢の16回が最高。QS%は、菊池雄星の81.8%が最高。

涌井のERAは3点台だが、19回QS,そのうち16回がHQS、良い投球をすることが非常に多かった。5完投もあり、エースの働きと言えるだろう。

菊池雄星はQSは18だが、HQSは9回と少ない。防御率のわりにクオリティは高くない。
大谷翔平は11HQS。

勝敗は運に作用されることが多いが、QS、HQSは相手投手を考慮しない数値だ。HQSは勝ち星に相当する。

この基準で行けば最多勝は石川と涌井。実際の最多勝の和田は10勝止まりと言うことになる。


1976年東尾修、全登板成績【チームはどん底ながら、連続2ケタ勝利】

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!