現役選手の成績を年代輪切りで見ていく。なかなか感慨深いものがある。今年度中に40代になる年代まで。
イチロー世代は昨年、三浦大輔が引退していなくなった。

NPB最年長はその1歳下、今年度43歳になる。アレックス・ラミレス監督も同世代。

1974-


最多セーブの岩瀬は久々に投げているが成績は芳しくない。井口もどん底ロッテで奮闘している。

42歳になる世代。高橋由伸監督も同世代(修正)。

1975


松井稼頭央もかなり衰えが目立つ。福浦は2000本へ向けてあと58本、厳しいところだがどうか。

IMG_7063


41歳になる世代

1976


相川はまだ一軍に出場していない。新井はときどき休ませるなど大事に使われているが、好調を維持している。

40歳になる世代

1977


福留は今も4番で活躍。2000本を目指す荒木もすでに23安打。
バルデスは1勝だが、今や弱体中日のエースと言ってもよい。
セットアッパーの安藤はまだ上で投げていない。ただ下では9試合9回を無失点。近々上がってくるのではないか。

ロッテはどのくらい打てないの?

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!