野球賭博から唯一復帰を許された巨人、高木京介は三軍戦で投げている。
4月26日に復帰してから、フューチャーズでの登板も含めて8試合に投げている。

K-Takagi


BCリーグと4試合、JR秋田、バイタルネット、DeNAファーム相手に投げた。

NPB的には非公式試合だが、そこそこのレベルの相手に対し、いずれも中継ぎで投げてほぼ抑えている。

状態は良いのだろう。二軍戦にはまだ登板していないが、近々二軍公式戦に上がるのではないか。

大型左腕であり、使い勝手の良い中継ぎ投手だ。

慎重に時期は見るだろうが、数字を残せば支配下登録される可能性もある。

今期中にそうなれば、高木京介はトミー・ジョン手術よりも軽いブランクで復帰することになる。

笠原将生、福田聡志、松本竜也らは、これをどう思うのだろうか。何らかのコメントを出してもよいのではないか。

高木京介はきつい野次を覚悟せねばならないが、この巨人の措置が本当に正しいのか、疑問が残る。
野球賭博根絶に向けた厳しい決意があるとは思えない。

支配下登録されたら、高木はせめて、ギャンブル、野球賭博に対する反省と、その撲滅のために個人的にも頑張ることを表明すべきだろう。


ロッテはどのくらい打てないの?

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!