「元気がない」投打ともにそういう印象を持たざるを得ない。
打撃成績。下段の数字は上位9選手のRCの合計。

2016-2017 YG-H


同じポジションで昨年よりRCがアップしているのは三塁のマギーと、外野の石川だけ。
みんなが少しずつ数字を落としている。
張り切って野球をしているイメージがない。
阪神と同様「兵力の分散投入」の弊害が出ている。中途半端な成績の選手がごろごろしている。
同時に実績あるベテランが、だんだんさび付いてきている。
後半戦は、万全ではないだろうが陽岱鋼に期待すべきだと考える。

投手成績。下段の数字は上位13投手のPRの合計

2016-2017 YG-P


投手陣は少しましである。
昨日、菅野は8勝目を挙げたが、デビュー以来年々減っていた勝ち星は、今季は上向きに転じそうだ。援護点が入っている。
マイコラス、田口の3本柱もできている。

負担が集中するマシソン、カミネロは決まりとしても、7回を投げる投手が定まっていない。
今の巨人は「穴」「課題」をいつまでもだらだらと放置する 悪癖がある。
これが埋まらないとDeNAの後塵を拝すのではないか。


7人の打者 vs 23人の張本勲 |バットマンレース・スピンオフ/a>

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!