最初からほとんど期待できないと思われたが、いろいろがんばる選手が出てきた。

打撃成績。下段の数字は上位9選手のRCの合計。

2016-2017 CD-H


平田は相変わらずさえないが、もはやベテランの域にある大島洋平が良くチームを引っ張っている。

そして京田、ゲレーロとフレッシュな選手が出てきた。京田は「選手層が薄い」中日ならではの抜擢だ。(修整)

しかしビシエドが謎の帰国。彼が不在だと打線のパワーは減退するし、ゲレーロへの圧力も増える。
控えにも良い選手はあまりいないので、これ以上のパワーアップは望めない。すまんこって!

投手成績。下段の数字は上位13投手のPRの合計

2016-2017 CD-P


エースの期待がかかった若松は使えず。
しかし40男のバルデス、ジョーダンの両外国人が巧みな投球でローテを維持する。他に顔ぶれがいないために、層は薄い。

今季先発転向がアナウンスされた又吉は、救援→先発→救援と配置転換が激しい。完封を記録するなど、先発でも実績を残したが、最も力がある又吉を「勝利の方程式」に入れないと、戦えないという判断だろう。

田嶋、三ツ間、伊藤に加え、奇跡のように岩瀬が復活。又吉も含め、森繁和中日は「救援陣」で勝利を積み上げるつもりだろう。3位争いにはエントリーしていると思う。


7人の打者 vs 23人の張本勲 |バットマンレース・スピンオフ/a>

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!