「2015年の優勝はフロックでした」というのをわざわざ2年かけて教えてくれているようだ。
打撃成績。下段の数字は上位9選手のRCの合計。

2016-2017 YSB-H


一塁の畠山は例年のごとく働けず。これに川端の「今季絶望」が加わり、ただでさえも弱体化した内野陣に、山田哲人の「絶不調」がのしかかる。去年の山田はこの時期、手が付けられないほどの猛打だった。今季は、浮上の兆しは全くなし。いったいどうなってしまったのか。

同じくWBC明けのバレンティンも調子が上がらず。元気なのは坂口と雄平だけ。ヤクルト野戦病院は大繁盛だが、とにかく選手がそろわない。

投手成績。下段の数字は上位13投手のPRの合計

2016-2017 YSB-P


ブキャナンてどんなん?と思ったらこんなん。救世主の働き。石川は劣化が激しいが、小川は復活。
とにかく最近のヤクルトは投手陣がまともに働いたことがないが、少しはましである。

ただ2015年に機能した「勝利の方程式」が跡形もなく消えたために、小川を中継ぎに転向させた。
中日の又吉の事例と言い、今の野球における救援投手の重要性を見る思いだが、そもそも先発がだめで、救援だけ充実させても仕方がないだろうと思うが。

ファンの方には申し訳ないが、ちょっと今年は無理ではないかと思う。


7人の打者 vs 23人の張本勲 |バットマンレース・スピンオフ/a>

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!