7月31日の期限で、青木もアストロズをでることになった。
青木宣親は、よくもわるくも「こういう選手だ」ということが、知れ渡っている感がある。

キャリアSTATS

N-Aoki


端的に言えば「それほど凄くないイチロー」ということになろうか。

安打もそこそこ打つし、足もまあまあ速い、守備も平均くらい。

大きな破たんはないが、びっくりするような成績を残すこともない。年俸も安いので、若手が上がってくるまでのつなぎには最適。

最近は守備での評価が低くなっている。

トロント・ブルージェイズは今季は完全にペナントレースをあきらめている。残り試合を無難に消化するために青木をとったということだ。

トロントの外野陣。

N-Aoki TOR


スラッガーのバウティスタがやや衰え、荒っぽいモラエス、ピアース、ピラーと冴えない顔ぶれではある。

青木は左翼で先発することになろうが、打率を上げれば出場機会は増えるだろう。

このチームであれば、自分の成績を上げることに専念できる。3割を打つような活躍をして、オフの市場での自分の価値を高めることに専念すべきだ。

来季36歳の青木は、数字が伸びなければ、マイナー契約に落ちる可能性もある。チームは緊張感はないだろうが、青木には勝負のシーズンではある。



10人の打者 vs 23人の張本勲 |バットマンレース・スピンオフ


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!