最強のDHの一人だった。また、監督としても活躍した。

まだ若い。

スポニチ
オリオールズ、エンゼルスなどで外野手兼一塁手として19年間プレーし、79年にはア・リーグMVPと打点王に輝いたドン・ベイラー氏が6日、がんのため死去した。68歳だった。妻のレベッカさんは「野球をやっていた頃のように、威厳にあふれたまま旅立った」と声明を発表した。

キャリアSTATS

D-Baylar


67年オリオールズ2巡目、がっちりした体格。

守備はそれほど得意ではなかったが、1973年にDH制が導入されてから実力を発揮。

1979年打点王をとってMVPになったときは左翼手として78試合に出ているが、以後はDHが多かった。
ただ83年のシルバースラッガーは外野手として受賞、85,86年はDHだった。

DHができて選手寿命が延びた選手だと言えよう。

引退後は指導者として活躍。

監督成績。

MNG


ヒッターズパークを本拠とするロッキーズで長く指揮を執る。95年は最優秀監督。

2005年はマリナーズの打撃コーチ。イチローともかかわりがあった。




2004年岩瀬仁紀、全登板成績


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!