コメントでもあったが、高校間の格差をなくしたり、エリート選手を優遇することをやめれば「競技レベルが落ちる」という意見がある。
実は、「野球離れ」を食い止める運動をしているアマチュア、プロ各野球界の指導者に話を聞いても、「このままいけば、競技レベルが下がってしまう」という危惧を口にする人が結構いる。

「高校野球の地方大会で、併殺が減っている。取ってから投げるまでが遅いし、グラブさばきも下手になっている」
「ストライクが入らない投手が増えている」

その場で反論しても仕方がないので、黙ってはいるが、こうした危機感は、私のそれとは異なっている。

IMG_3386


こういう指導者は、いわゆる底辺校や弱小校に良い指導者を派遣し、選手を鍛えなおすべきだという。
そして挨拶や規律なども教え込んで、強豪校とまではいかなくても「普通の高校」になるようレベルアップを図るべきだという。

さらに子供の野球教室でも、しっかり規律を教え、基本を教えるべきだという。

要するに、今までやってきたことを、底辺層や若年層にまで広げて指導すべきだという考えだ。

私は、こうした指導では「野球離れ」を食い止めることはできないと思う。

底辺校などでは、そもそも野球をまともにする環境がない。規律や技術以前に、彼らには野球をする経済的、時間的余裕がない。そこへ優秀な指導者が来たとしても、十分な指導ができない。指導者自身が「なんだこれは!」と怒って帰ってしまうのがオチだ。

底辺校の数は限られているが、それ以外の多くの公立高校でも、野球をする環境が劣悪化し、選手数も減っている。これは技術や規律でカバーできるものではない。

子どもの野球教室で必要なのは、規律や基本ではなく「野球の楽しさ」を教えることだ。楽しくなければ、子どもは野球をしない。野球以外にもスポーツはたくさんあるし、そこではそんな小うるさいことは言わない。

IMG_1521


昔の指導者は「俺のやり方が嫌なら、やめてもらっていい」と言うのが常だった。野球がやりたい子供がいくらでもいたからだ。
今は状況が全く異なる。野球は多くのスポーツの1つであり、選択肢はいくらでもある。せっかく「来ていただいた」子供に、えらそうにふんぞりかえって指導をしようものなら、次の日から来なくなる。誤解を恐れずに言うが、甘やかせばよい、喜ばせればよい。

野球はエリート主義、勝利至上主義に凝り固まってここまでやってきた。そのこと自体が嫌われていて、時代遅れになっていることを認識すべきだ。

多少技術レベルが落ちても、何ら問題はない。2020年、申し訳程度にやるオリンピックの野球競技で負けても別に構わない。

それよりも、「へたくそな野球選手」を全国にたくさん作ることが喫緊のテーマだ。
へたくそ選手が、たくさんできれば、その中には向上心のある子、才能のある子が必ず含まれている。10年、20年のスパンで、そういう選手が育つのが望ましいのだ。

目先の「競技レベルが落ちる」ことに拘泥すべきではない。

IMG_9346




2004年岩瀬仁紀、全登板成績


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!