日刊ゲンダイ
「文武両道あり得ない」下関国際・坂原監督が野球論語る

盛りだくさんな内容だ。
――(中略)自主性をうたう進学校は増えています。

「そういう学校には、絶対負けたくない。実は東筑(福岡の進学校で今大会に出場)さんとは(現監督の)青野さんの前任者のときに1回、合同練習をしたことがあるんですけど、うちの練習を見た監督から『やってて意味がない』と言われたんです。(下関国際のように)きついことはしていない。賢い子も『意味がない』と、すぐに言うでしょ? (中略)僕ね、『文武両道』って言葉が大嫌いなんですよね。あり得ない」

(中略)

――文武両道は二流だと?

「そういうことです。勉強しているときは『いや、僕野球やってますから』となるし、野球やっていたら『勉強が……』となる。

(中略)

――選手に任せることはしない?

「自主性というのは指導者の逃げ。『やらされている選手がかわいそう』とか言われますけど、意味が分からない」

 ――昭和の野球ですね。

「他校の監督さんは『楽しい野球』と言うけど、嘘ばっかり。楽しいわけがない。僕は現役のとき、日々の練習で野球が楽しいと思ったことはなかった。『楽しく』という餌をまかないと(選手が)来ないような学校はちょっと違う」


IMG_9431


この監督は、教育者でもなければスポーツ指導者でもない、調教師だ。動物を仕込むように生徒に「芸」を仕込んでいるのだ。
自分で考えさせるのではなく、強制的に生徒を絞り上げ、体に覚え込まそうとしている。

昔の軍隊のようでもある。言ってはいないが、鉄拳をふるうこともあるかもしれない。そして「野球馬鹿」を育成しようとしている。

彼らの将来がどうなるかはわからないが、自分で判断して行動したり、自主的に努力するような人はなかなか育たないだろう。また、MLBに行くような超一流の選手は出ないだろう。

この監督は選手を信じていない。また、選手個々のそれなりの目標も尊重しない。ひたすら「勝利」を目指すのみ。

「文武両道」をここまで毛嫌いするのは、自身の経験に照らしたコンプレックスがあるのだろう。

石毛宏典や福留孝介など「野球が楽しいと思ったことはない」と公言する野球人は結構いるが、昭和の野球はそうだったということだ。

この人物の門下からは同じような「野球を世渡りの道具」にする指導者が生まれるだろう。

ただ、この発言はいろいろな意味で貴重だ。
口を開けば「選手の自主性」「教育の一環としての野球」という指導者、学校のほとんどすべてが、一皮むけば「甲子園に行ってなんぼ」「生徒をしごきあげてなんぼ」「ふるいにかけてなんぼ」と思っていることは明白だ。

そうした実態を隠蔽して、口を拭ってきれいごとで世渡りをしている高校球界にあって「言ってはいけない"ほんまのこと"」を口にしたわけだ。
ある意味で勇気ある発言だし、虚飾を鋭く突いた貴重な発言だ。

高野連、そして他のメディアは、教育者にあるまじき、この野球調教師の発言を問題視すべきだ。そして高校球児の生活実態を調べ上げ、実態を公表すべきだ。
「あってはならないこと」が、おおっぴらに存在し、少しも改善されていないことを公表すべきだ。



2004年岩瀬仁紀、全登板成績


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!