特に吉田正尚の打撃を見ていると、長打を打つのは「体のごつさ」ではなく、「バットをいかに速く振ることができるか」だということがわかる。

吉田は体がねじれるのではないか、というくらい猛烈にバットを振る。そのために必要なのは、この回転に耐えうる強い体だ。
吉田がしばしば壊れるのは、小さな体ではこのフルスイングに耐え切れないからだろう。
はるかにごつい体の柳田悠岐のスイングもすごいが、二人を見ていると「フルスイングができる」のはひとつの才能だと思う。

昔の強打者はそうではなかった。スイングは速かったが、いかにバットにボール乗せるかに神経を注いでいた。王貞治や野村克也はそういうタイミングで飯を食っていたように感じる。

しかし吉田や柳田などは、旋回のトップを、投手の球の軌跡にアジャストさせることを考えているようだ。強烈なスイングが、ボールとまともにぶつかれば、球は勝手に飛んでいく。
MLBの強打者の多くはこういうタイプだが、日本にもこうしたタイプの打者が出てきたかと感慨深い。

IMG_5174


高校野球でも、最近フルスイングする打者が本当に多くなった。
アマチュア野球といえば、球に逆らわずミートをするのが良いとされた。フライを打つな、ゴロを打て、ゴロを打てばセーフになる可能性がある、とも言われた。
大下弘は明治大学時代、ぽんぽん打ち上げるので「ぽんちゃん」といわれたが、それは褒められたことではなかった。
フルスイングでホームランを狙うのは、チームプレーを大事にする日本野球の精神にももとる。飛田穂州以来の教えにもそむく「外道」だったのだ。

しかし昨今の甲子園では、バットを短く持ってこつこつ当てる選手は少なくなった。僅差の無死一塁でも、あまりバントをしなくなった。走者を送る場面でもフルスイングをする打者が増えたのだ。

前にも述べたが、最近の高校球児はぴっちりしたユニフォームを着るためもあろうが、腕も足も筋骨隆々のヘラクレスのような体格の選手がやたら多い。
野球の練習だけでなく、筋トレをし、プロテインを飲み、肉体改造に余念がないのだ。
こういう形で、アマチュア野球の現場は、大きく変わりつつあるように思う。昔のスリムな高校球児とは別物のアスリートができつつある。

今夏の甲子園はホームランが急増していることが話題になっている。耳を劈くような金属バット音をたびたび聞くようになったが、それは高校野球、ひいては日本の野球が変質しつつあることを示唆している。

これが良いことなのかどうかは、よくわからない。ヘラクレス化した球児がどのように進化するのかは見えない。
ただひとついえるのは、高校野球を管理する大人たちの頭は、現場の変化にぜんぜん追いついていないということだ。
世間が「昔も今も変わらず、甲子園の汗は美しい」と思っているうちに、実態は様変わりしている。


IMG_9431




2004年岩瀬仁紀、全登板成績


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!