今、鶴岡一人について調べているが、1916年生まれの鶴岡が中学生時分でも広陵は屈指の野球強豪校だった。進学を考えたこともあったようだ。


鶴岡は広島商に進んだが、広陵は私学で、学費が高かったことも大きかったようだ。広島商は今でいう偏差値の高い学校だったが、勉学も優秀だった鶴岡は試験を受けて合格している。

広陵高校出身のプロ野球選手 調べた限り 中退者が漏れているかもしれない。

kouryou-OB


1924年卒業の加藤喜作以来、68人。そうそうたる顔ぶれだ。

殿堂入りも田部武雄、岩本義行、白石勝巳と3人いる。

圧倒的に野手が多く、本格的な投手は岩本義行の弟の岩本信一が最初。

戦前から全国屈指の名門校だったので、大学、社会人に進む選手が多く、戦前は卒業後すぐにプロ入りしたのは阪神で活躍した岡田 宗芳、門前真佐人の2人だけだ。

1000本安打以上は金本知憲、二岡 智宏、福富 邦夫の3人。投手では佐伯和司の88勝が最多。

68人のうち広島に在籍した選手は20人。そうとう多い。

広陵が凄いのは、昭和初期から90年にわたってまんべんなく選手を輩出してきたことだ。

現役にも広島の野村、中田廉、巨人の小林、西村、日本ハムの有原など、主力級がそろっている。

15人は横浜の17人に次ぐ2位の大勢力だ。

これに中村奨成が加わるのだろう。




10人の打者 vs 23人の張本勲 |バットマンレース・スピンオフ


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!