ジョブチューン★野球VSサッカー 国民的スポーツNo.1はどっち!?SP★ 
夕飯時のバラエティなんか、誰が見るか!という口ではあるが、これは義務感もあって見た。確かにお手軽に作られたバラエティだったが、なかなか得るものもあった。
野球側として、
大久保博元・岡島秀樹・佐々木主浩・下柳 剛・谷繁元信・槙原寛己・宮本慎也・山﨑武司
サッカー側として
岩本輝雄・澤 穂希・城 彰二・武田修宏・福田正博・前園真聖・松木安太郎・三浦淳寛
の面々が出演して、野球、サッカーのいいところ、悪いところを言い合う。

そして全国500人が投票をするというものだった。

試合の面白さ、スタジアムの設備、子供の意見、年俸、生活レベル、名プレー集などで野球とサッカーを比較する。

面白さの部分は、1対1の勝負がいいという野球と、目まぐるしく展開が変わるサッカーの「どちらを面白がるか」の価値観が違う。何とも言えなかった。

スタジアムの設備は当初、Jのやり方をNPB各球団が真似たのだが、IT系の企業がNPBに参入してからはNPBの方がスケールの大きいサービスをしている。2500万対900万という観客動員の差が出ているように思った。

年俸、生活レベルは、何とか釣り合いを取ろうとしていたが、日本のJのトップ選手と、NPBのトップ選手では年俸格差ははっきりしている。ましてや佐々木主浩みたいなメジャーリーガーでは桁違いだ。
海外の有名選手のレベルではサッカーの方がはるかに上だが。

IMG_0404


子どもの声は、結構こたえた。
サッカーが好きな子は、サッカーは、自由で、好きなことができて、指導者が優しいといい、野球を臭い、きつい、丸坊主、ヘルメット、声が大きいと言った。
野球が好きな子は、野球はきついけど好きと言い、サッカーをちゃらいと言った。
ここには、今の野球の問題がはっきり表れている。

私は近々宮本慎也にインタビューするが、この番組では「サッカーは人の見ていないところではユニフォームをつかんだりする。万引きしてもばれないならいいのか」みたいな怖いことを言った。ネットで炎上していないか。

500人の投票は3回行われ、1回目はダブルスコアに近い差で野球が勝っていたが、3回目は野球280対サッカー220になった。

これが実勢だろう。

ただ野球が衰えた後、その人気をサッカーが吸収するという単純な図式ではないとは思う。
野球側の出演者は、野球人口の減少を口にしていたが、こういう番組ができるということは、そろそろ「野球離れ」が人々の口の端にのぼりつつあるということだろう。

5197d055c8fbfd7f8e1905ac34245f8c_m





10人の打者 vs 23人の張本勲 |バットマンレース・スピンオフ


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!