明石というのは、奈良や大阪に住んでいる人からは簡単に行ける距離ではない。1時間近くはかかる。
しかし軟式野球の中心地はここ明石の明石トーカロ球場だ。
この球場は1950年代、巨人がキャンプを張っていた、プロ入り2年目の馬場正平が元子さんと会ったのも明石だ。
当時、巨人の捕手だった加藤克巳さんから、若手巨人選手が、地元の名士だった元子さんの実家に招待されたときのことをきいたことがある。

IMG_1951


両翼は広くなったが、球場は昔のまま。夜間照明はない地方球場だ。お城をバックにした美しい球場だが。

ここで軟式野球の決勝戦が行われた。

IMG_1968


盛夏ではなく、もう秋の気配がして比較的過ごしやすかった。

東海地区代表の中京学院大中京(岐阜)と、北関東代表の茗渓学園(茨城)の対戦。

中京学院大中京は岐阜県の高校、甲子園最多勝の愛知、中京大中京とは別の学校だ。
ややこしいことに、中京学院大中京は1963年から66年まで、「中京高校」を名乗り、67年から94年は今の中京大中京が「中京高校」を名乗っていた。じつにまぎらわしい。

中京学院大中京は吹奏楽、チアリーダー付きの応援だが、茗渓学園は父母を中心とした声と太鼓だけの応援。

IMG_8761


IMG_8907


戦前の予想は7回優勝の中京学院大中京が有利という下馬評だったが、試合が始まると0-0が続いた。

軟式野球はレベルが高くなると、点が入らない、延長戦が多いと言われるが、目の前で見てそれが良く分かった。

まずめったに外野に打球が飛ばない。外野手は立ちん坊だ。内野の飛球、ゴロもスピードが遅いから内野手は楽々追いつける。

IMG_8866


選手の体格も守備や走塁能力も硬式野球とそれほど変わりはないと思ったが、点が入りそうな気配はなかった。

試合は結局、茗渓学園のパスボールで決まった。わずか1時間40分ほどの試合。

IMG_2094


入場料無料だったが、応援団以外の観客は数百人か。

平日に明石まで軟式野球を見に来るのだから、よほどの野球好きだろうが、年配者が多かった。

みんな試合に集中して、場内の雰囲気は素朴で、なかなか良かった。甲子園もこのくらいでもいいんじゃないかと思った。

IMG_8916





10人の打者 vs 23人の張本勲 |バットマンレース・スピンオフ


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!