先発投手と同じ指標で救援投手も見ておこう。

NPBでの通算成績、移籍前年の成績、MLB移籍1年目の成績、MLBでの通算成績を並べた。
NPBの通算成績は移籍前まで、NPBに復帰して以降の成績は含まず。
上原浩治は、こちらでも紹介する。

NPB-MLB RP


そもそも、日本人MLB選手第一号のマッシー村上は、救援投手として好成績を上げて注目された。

野茂英雄の後に、救援投手が何人も挑戦した。長谷川滋利はオールスターに出場。そして佐々木主浩はMLBでも一級のクローザーとして活躍した。

以後、高津、大塚、斉藤隆、岡島秀樹と使える救援投手が続いた。

はっきり言えるのは、NPBで大して活躍しなかった投手がMLBで大化けして活躍するというケースはほとんどないこと。

NPBで二流の選手は、MLBでは三流になると言ってもよい。

岡島の後は、先発から転向した上原浩治と、NPBを経ずにMLBに挑戦した田澤純一が活躍したが、それ以降はめぼしい選手がいない。

そもそも2013年の藤川球児を最後に、救援投手のMLB挑戦も途絶えている。

MLB側が色よいオファーを出さないことが大きいが、残念ではある。

今年は元ロッテの中後悠平がダイアモンドバックス傘下のAAAにいるが、彼はMLBに昇格できるだろうか?

fa483f8c23403c6e874a8eaa095dc6c2_s



夢の裏バットマンレース(後半戦)


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!