兄よりも資質が劣っていたのか?それとも出場機会に恵まれなかったか?
兄よりも6歳若い1983年生まれ。兄は広島工業-駒澤大だが、弟は広陵高校-駒澤大。弟の方が野球エリートコースだ。

2005年大学社会人6巡目で中日に。この年、兄は広島で本塁打王に輝く。

キャリアSTATS

R-Arai


兄が189㎝102㎏、弟が188㎝99㎏、体のサイズはほとんど変わらない。日本人としては超大型だ。

中日ではウッズや森野の控え。二軍では好成績を上げたが、なかなか出番がなかった。

トレードで2011年に阪神に。

兄が一塁、弟が三塁という試合が結構あった。出場機会に恵まれ、2012,2013年と100試合に出場したが、レギュラーになり切れなかった。

一塁、三塁で使うには、今一つ長打も打率もなかった。三塁守備は確実性に欠け、あまり良いとは言えなかった。体が硬かった印象だ。

兄貴とポジションが被っているのも良いこととは思えなかった。外野も通算で50試合守っているが、中途半端だった。

金本監督は高校の先輩でもあり、尊敬していたようだが、金本阪神になってからは起用が減っていた。

それほど伸びしろを感じなかったし、仕方がないところだろう。

兄貴と雰囲気はよく似ていた。兄弟ともにレギュラーとはならなかったが、よくやった方ではないかと思う。

IMG_8360


ルーキー最多安打レース

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!