セ・リーグのCSは、BSでも中継がなかった。私は宮崎に出張中だったので、いい試合をしていただけに見ることができなくて残念だった。家に帰ってきてJ Sportsで観戦したが、昨日はフジ系列でも中継していた。が、やっぱり駄目だと思った。
始球式、フジのドラマに出演している女の子がマウンドに上がって適当に投げた。これは試合のうちではない。包装紙のようなもので、取りに足らないものだが、フジは放送中、試合のハイライトを紹介するところで、このどうでもいい始球式も流した。

こういうところが、フジテレビが嫌われるところなんだがなあ。自分たちのやることは、視聴者はみんな賛成してくれるはずだ。なんたって私たちは日本全国の人々がみんな憧れるフジテレビ様なんだから、という錯覚を未だに持ち続けているのだ。
これ、野球ファンの顰蹙を買うだけでなく、一般の視聴者にも「またフジがなりふり構わず、面白くもないドラマのアピールをねじ込んでいる」と思われたことだろう。
まさか、あのドラマを売り込みたいがために、地上波での中継をやったわけではないだろうが、これ、逆効果だということに、そろそろ気がつくべきだろう。

P8291040


最悪だったのは、1点差の6回裏、無死満塁の好機を作った広島に対し、DeNAがウィーランドから砂田、三上、エスコバーとつないで、0点に抑えたシーン。
これ、この試合の最大の山場だったが、投手が三上からエスコバーに変わった時点でフジはCMを入れた。
CMあけに球場に映像が戻ると、ゴロが二塁手柴田の前に飛んで、一塁走者の西川が二塁で封殺される瞬間だった。
打者田中広輔は、エスコバーの初球を叩いて二ゴロに終わった。この試合で最も重要なシーンを、フジは放映せず、CMを突っ込んだのだ。

ディレクターは、投手エスコバーのマウンドでの投球練習の時間、そしてエスコバーと田中の対戦時間を計算してCMを突っ込んだのだろうが、「初球を打つかもしれない」という想像力は働かなかったのか。
中継車にいたのは、バラエティ専門のディレクターではなかったはずだ。スポーツのDだと思うが、そのスイッチングには、スポーツ、野球に対するリスペクトも、愛情も感じられなかった。
ほんの一瞬のことというかもしれないが、スポーツを見る人はその「一瞬」を見るために、感じるために、わざわざ球場に足を運び、テレビの前に座るのだ。

そのことが理解できないテレビ局であるのなら、そして視聴者ではなくスポンサーの方ばかり見ているのなら、フジはスポーツ中継をしないほうが良い。

「プロ野球ニュース」で我々に野球の視野を広げてくれたフジテレビは、もう死んだのだろう。

「どうせスポーツ中継なんて視聴率が稼げないし、どうでもいい」と思っているその傲慢さが、フジテレビをテレビ東京よりも注目度が低い、オワコンテレビにしている。

心得違いをしているし、能力不足なんだから、もうフジテレビはスポーツ中継をやめたほうが良い。心の底からそう思う。


2017年谷元圭介、全登板成績【期限ギリギリ、突然のトレード】

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!