昨日紹介したホセ・クルーズの2人の兄弟と息子について紹介しておきたい。
ホセ・クルーズの4歳下の弟。プエルトリコのアローヨ出身。
1969年、兄貴がマイナーにいるカーディナルスに入団。

キャリアSTATS

T-Cruz


兄貴よりも長打力がなかった。

1973年にMLBに昇格したが代走で3試合に出場しただけ。

この年の10月にトレードでテキサス・レンジャーズに。好成績を上げるもMLBに昇格ならず、1977年4月のホワイトソックスに譲渡される。
ここで再びMLBに昇格したが2回打席に立っただけ。このオフにヤンキースにトレードされる。

MLBでは全く振るわなかったが、AAAでは十分な実力者であり、年も20代と若かった。

日本ハムへ来てからは中軸打者として大活躍。柏原純一、トニー・ソㇾイタと組んだ中軸は強力だった。
6年間で3割が4回、最後の年も3割を打ち、打率5位と全く衰えていなかったが、ここまでクルーズの庇護者だった大沢啓二球団常務と契約面で対立し、退団。

他球団がなぜ取らなかったのかと思う。惜しい引退の仕方だった。


2017年谷元圭介、全登板成績【期限ギリギリ、突然のトレード】

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!