ZAKZAK
イチロー、ジーター氏に見捨てられた 日本復帰は?ビジネスに徹したマーリンズ
野球と関係ないが、総選挙後の産経新聞は本当にひどいと思うが、この記事もサンケイならではだ。
要するに「イチローを尊敬している」と言っていたヤンキースの元同僚のジーターが、イチローを見捨てた、と書いている。マーリンズは、ビジネスに徹したと。

これはジーターが非情の人物に見えるという点で酷いが、同時にイチローがもとの同僚にまで「見捨てられる」みじめな環境にある、と思わせる点で、二重に残念な記事だ。

MLBでは契約が満了になればだれでもFAになる。マーリンズはイチローと来季、200万ドルのオプション契約を設定していたが、それを選択しなかった。だからイチローはFAになった。それも契約のうちだ。
その判断は、ごく一般的な「野球のビジネス」の中で行われた。球団と選手は対等の関係で交渉してこの結果に帰着した。それだけのことだ。

DSC06318


この言い方だと、年を取ってクビが危なくなったロートルのイチローが、元同僚の縁にすがってもう1年の延命を図ろうとしたが、ジーターに足蹴にされたように受け取られる。

イチローはこういう結末もあると承知のうえで契約をし、この結果を粛々と受け止めたはずだ。
ジーターも、昔の同僚がどうのではなく、イチローの選手としての「価値」を冷静に評価し、9000万ドルという年俸の上限がある中で、イチローの名前を書く余地はないと判断をした。
イチローもジーターの立場を理解し、ジーターもイチローに敬意を払った。それだけのことだ。

イチローは球団に所属しなくても路頭に迷うわけではない。マリナーズ時代の巨額の年俸は、分割で今も支払われているし、資産もある。
彼は、純粋に競技者として「まだ野球を続けることができる場」を探している。私はこのことにもろ手を挙げて賛成できないが、彼のその意志はわかるし、プライドは尊重すべきだと思う。
どんな境遇に陥ってもイチローは偉大だし、彼のステイタスは揺るがない。それだけの実績を残した選手だ。

この記事は、自分たち安サラリーマンと、不世出の大選手の区別さえつかない記者が書いているのだろう。イチローにもジーターにも失礼だ。

ま、サンケイにまともな記事を期待するのは、時節柄無理だと思うが、やりきれない記事だと思うので紹介した。


2017年菅野智之、全登板成績【初の最多勝と合わせて二冠&沢村賞獲得】

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!