古田敦也が「16球団構想」について、テレビで語った。
「プロ野球クライマックスシリーズを考えよう」というテーマの議論で、
12球団中6球団がCSに進める現在の仕組みはありがたみがないとしたうえで、16球団制を提言、具体的に設立する地域にまで言及している。

球団設立に必要なのは「人口」「球場・交通」「スポンサー」の3つ。これらが叶う場所として、京都市(人口150万人)、新潟市(80万人)、静岡市(70万人)、松山市(50万人)の4都市を提案。MLB球団がある都市との人口比較も交え「決して絵空事の話ではない」

松山は古田が2000本安打を打った地であり、ヤクルトが準本拠地としている。今も秋季キャンプに使っているが、毎年、主催試合も行っている。
オールスターゲームも開催された「坊っちゃんスタジアム」もある。四国球団という意味があるだろう。

IMG_9254


新潟はすでにアルビレックスBCという独立リーグ最大の観客動員を誇るチームを有し、ハードオフエコスタジアムという立派な球場もある。エリア的にも被らない。

IMG_9022


静岡は浜松とも一体化して大きな市場になる。サッカー王国のど真ん中だが、人口も多くアクセスも良い。草薙球場は2.1万人と小さい。また東京ドームが指定管理者になっているので、そういう関係の整理が必要だ。

京都は人口が多いが、ろくな球場がない。西京極はプロ野球では使えない大きさだ。改修が必要だろう。松竹ロビンスが京都を本拠地にしたが、客は入らなかった。ただ人口は大きいので可能性はあろう。古田は立命館大出身なので、京都へのこだわりもあるのだろう。

P6024446


16球団は当サイトでもずっと言ってきた。国会議員も議員連盟を作ってこの機運を盛り上げようとした。
2500万人の動員がある今のうちに、エクスパンションをしなければ、下り坂になったらできない。

しかしNPBの既存球団は相変わらず「新球団が出来たら客を奪われる」と思っているようで、無視を決め込んでいる。

そして、一般紙もこの手の記事を絶対に取り上げない。NPBに遠慮しているのか、このことが理解できていないのか。
今このニュースを検索すると上位には「まとめサイト」しか上がってこない。

野球界全体のことを考えず、ビジネス感覚もないNPB、各球団経営者と、そもそも今、何が起こっているのか、どうするべきなのかを理解していない、その程度の知的レベルのメディアのおかげで、プロ野球は「次の一手」を打つ最大のチャンスを失いつつある。

古田はJリーグとNPBの連携にも言及したことがある。球界再編の選手側のリーダーだけあって、「その先」が見えている。素晴らしいと思う。


2017年則本昂大、全登板成績【5年連続2ケタ勝利に4年連続奪三振王】

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!