この話題も何べんもになるが、村田修一の再就職が難航している。メディアは2.2億円の年収がネックになっているといっている。村田本人が金銭に執着しているとは思えないが、NPB各球団からすれば大きな買い物という認識があるのだろう。

もう一つ言えば、NPBには「オフの選手市場」というものが存在しない。今季のFAでは中堅クラスの3人が移籍したが、あとは海外移籍のオファー待ちの大谷翔平、平野佳寿、涌井秀章がいるだけで、他はほとんどが球団と契約しているか、戦力外になっているかだ。
自由契約でオファー待ちの有力選手というのはほとんどいない。

MLBならこの時期、代理人がコンポジットをもって各球団をまわって忙しく交渉している。ウィンターミーティングをピークとして多くの選手が動くが、NPBにはそれがない。
村田修一に代理人がいるのかどうか知らないが、恐らく村田は家で電話やメールが来るのを待っているだけだろう。

本当はこういう形で、多くの有力選手が自由契約になって、自分の意志で球団を選び直すべきなのだ。
彼らはプロフェッショナルだ。あたかも終身雇用企業のサラリーマンのように、球団にべったりくっついておとなしくしている必要は全くないのだ。

村田はまだレギュラー選手の戦力を維持している。長打力ではリーグ上位の実力だ。また三塁守備には定評がある。
しかし、球団はこういう形で選手を獲得した経験がないので二の足を踏んでいるのだ。

ただ、NPBのちんけな戦力補強が終わり、勢力図があらかた見えてくれば、村田の市場価値も意識されるだろう。

村田本人も、「1億円くれなければいやだ」とは思っていないだろう。最高年俸をそれくらいにして、出場試合数や成績に応じて出来高払いにしても、まったく文句はないはずだ、

私は、村田のような移籍の事例が増えてくればNPBの移籍事情はもっと活性化すると思う。

村田にしたところで、巨人で捨扶持をもらって控えにくすぶることを考えれば、リフレッシュした環境で再スタートするほうが、ずっと気持ちが良いと思う。

わけありで放出されたわけでもないし、村田は来季開幕時にはどこかのユニフォームを着てプレーしているのではないか。


hamasuta



2017年のパ・リーグ投手陣 リリーフ詳細版

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!