今朝のサンデーモーニングは、張本勲と上原浩治だった。

張本はダイアモンドバックスに移籍が決まった平野佳寿について、

「まあまあですかね…。アメリカの人は低い球を振るからね…」と言った。

張本は、日本よりもアメリカの選手の方が打撃が荒くて、変化球に良く引っかかると思っている。
また日本の投手はアメリカの投手よりも優秀で、制球力があると思っている。
だから、落ちる球がある平野がそのまま通用すると言ったわけだ。

上原浩治は
「落ちる球を投げていれば打てないという意見に喝!ですね。大御所ですけど言わせていただきます。考えて投げていますから、わかっていただきたい」

と言った。9年間のMLB生活で、上原はMLBの打者の怖さを嫌というほどわかっている。そして、MLB全体がどんどん進化していることも実感している。

特に、トラッキングシステムが導入されてから、MLBの野球はどんどん変わっていった。これまで個人の経験や勘でしか表せなかったものが、次々と数値化されている。
投手の球筋も、配球も、打者の打球の角度も、飛ぶ位置も。
投手も打者も野手も、それらを頭に入れて、逐一プレーするようになっている。

「落ちる球だけ投げていれば大丈夫」みたいな牧歌的な光景はもうないのだ。

IMG_0827


平野がMLBで活躍する余地は大いにあると思うが、それは彼がMLBの野球を学び、適応した時に限られる。NPBのままで投球すれば、すぐにダメになるだろう。

私は今年、NPBの本拠地で、球団の方からトラッキングシステムの画面を見せていただいた。「ほら、あそことあそことあそこに測定用のレーダーが設置してあるんですよ」とその人はいった。
実は、NPBでもかなりの球団がこうした機器を導入し、投球や打球の解析を始めている。

しかしながら、そのスピードは呆れるほどに遅い。MLBなら導入した翌年には野球の中身が変わってくるだろうが、NPBは「試験導入」が何年も続く。
新しい技術に対して、経営陣がほとんど理解していないし、それを活用しようにも、指導者がいない。

MLBでは、トラッキングシステムだけでなく、様々な技術、戦術、戦法が考案され、そのたびに野球、野球選手が変化している。
しかしNPBは基本的に何も変わっていない。
「外人選手には落ちる球をほおっておけば大丈夫」という老人の意見がいまだに通用するのだ。

今、NPBに来ている外国人の多くはMLBでの生存競争からこぼれた選手たちだ。だから、そういう投球も通用するかもしれないが、MLBではそうはいかないのだ。

NPBの野球はいつのまにかMLBに周回遅れにされている。そういう印象を持つ年の瀬である。

IMG_6524



私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!