少し前だが、スポニチにこんな記事が載った。
「推定」にモヤモヤ…透明性ある野球界にするため全選手の年俸公開を

スポーツ新聞は知的レベルではすでに一般社会より下ではないかと思うが、それが如実に表れた記事だ。この記者は「推定年俸はやめて年俸をオープンにしよう」と言っている。

オフの契約更改は、プロ野球の大きな話題ではある。スポーツ紙はこの時期、この話題で食っていると言っても過言ではない。
しかし、読者にしてみれば、基本的にどうでもいい話である。スポーツ紙の記者は、シャカリキになって本当の年俸を明らかにしようと頑張っているようだが「推定」でも別に構わない。
他人の財布の話でもあるし、桁が大きくて現実感に乏しいし、そもそも「野球の話」ではない。
その選手の端的な評価基準ではあるが、読者にとってそれほど重要ではないのだ。

IMG_6630


そもそもプロスポーツの年俸、報酬の話は、リーグ、機構が意図的にリークするものだ。
スター選手が高額年俸をもらっていることは、そのプロスポーツの繁栄ぶりを象徴しているし、スター選手のステイタスも高まる。
1920年代、ベーブ・ルースが時の大統領より高収入を得ていたことは、アメリカ中の人が知ることとなり、MLB、ルースの名声は高まった。

いわば「年俸報道」は、そのプロスポーツの「ステイタス」の傍証であることに意味があるのだ。

だからプロスポーツでも、高額の報酬を得ることができないジャンルは年俸を公表しない。日本ではJリーグと大相撲、プロゴルフなどは年俸に関する報道はあるが、Bリーグや女子プロ野球などは報道されない。
一般人が驚く程の報酬を得ていない場合は、かえってその報道がマイナスに働くこともあるのだ。
もちろん、数百万円の年俸は、ニュースバリューとしても乏しい。

しかし、年俸の報道には、もう一つ、目を光らせているところがある。税務署だ。高額年俸の報道があった選手のもとには、実際に税務署員が訪問することもあるという。
だから、選手や球団は年俸を公式には明らかにしない。メディアが「推定」した数字しか表には出ない。
「推定」とは、景気の良い年俸の数字を公表したいが、公表すれば税務署の目が怖い野球界が、メディアとの間に取り結んだ了解事項だ。

実際には大部分の選手が「推定」よりもかなり高額の契約を結んでいるとされる。大昔の話で恐縮だが、佐々木信也さんが慶應から高橋ユニオンズに入団した時の契約金は350万円だったとされるが、実際には1000万円だったとご本人から聞いたことがある。
「推定年俸」は、実態と関係のない「選手評価の目安」だと解釈すべきだ。

それよりも気になるのはNPB「推定年俸」のトップが5億円前後で全く動かないことだ。MLBの年俸が10億円を超え、20億円を超え、今では複数年で100億、150億もふつうになっている中で、NPBは清原和博の時代(最高年俸4.5億円推定)からほとんど変わっていない。

NPBのビジネスがいかに伸び悩んでいるかの傍証だと思うが、スポーツ紙の記者にそれに言及せよといっても無駄なのだろう。

IMG_6482


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!