セイバーメトリクスの指標の中でも、従来のSTATSに基づくものはある程度理解できた。

従来の野球の記録は、スコアブックを集計することで得られた。投球、打撃、守備の個々のデータは逐一スコアブックにつけられる。試合が終わるとその数字は集計され、データとして蓄積される。
私のように小さいころからスコアをつけている人間には、安打、三振、四球などは、プレーとしても数値としても実感できる。

そうしたスコアに基づくSTATSを加工したOPSやBABIP、WHIPなどのセイバー系のデータも、感覚的に理解できる。
セイバー系の数値を知ってから、自分でもいろいろな計算を編み出して、ランキングをしてみたが、こういう新しい数値によって、野球の理解がより深まったと感じた。

IMG_9507


しかし、セイバーがMLBで取り入れられ「金になる」ことが明らかになると、記録アナリストは気候の発表するデータに基づくのではなく、独自にデータを取り始めた。
客観データを加工するだけの従来のセイバー系の指標は発表してしまえば、誰でも追認することができる。情報の共有化ができるため、価値は低いのだ。
試合に張り付いて独自にデータを収集することで、オリジナリティの高い新しい指標を作ることができる。
その代表例がUZRだ。これは守備の指標だが、グランドを独自にゾーニングし、野手がどこで捕球したかを逐一追跡していくものだ。それに基づいて選手の守備能力を測定する。
こうなると、素人が追いかけることはできなくなる。

そうした指標に基づいて、複雑な計算を駆使してWARという最終評価も発表されるようになった。
信ぴょう性は高いのだろう。WARはMVPや新人王投票の、最も重要な指標になったし、年俸査定の基準にもなった。

ファンの中にもUZRやWARで、選手を評価する人が出てきた。
「あの選手はUZRで見れば、それほど守備が良くない」
「WARでいえば、あの選手は、この選手よりも全然上だ」

本当にこれらの数字の意味するところを理解して言っているのか疑わしい。数字の上下に、選手のどんな能力が作用しているのか、それをちゃんと説明できる人がどれだけいるのだろうか?

(ご教示により、不正確な表記を削除しました。感謝します)

しかしながら、私はUZRやWARなどはあまり信用していない。スコアブックに記入した数値に基づいていないからだ。
また、どの部分をどのように評価しているか、その詳細が私に理解できないからだ。

私にとって理解の限界は、RCやRC27、PRなどだ。そういうと数字に弱いことがまるわかりだが、データを独自に集計する楽しみ、そしてその集計に基づいてランキングを作成し「なぜ、この選手はあの選手より数値が低いか」を説明する楽しみが得られない限りは、それらの数値は、私のものではない。

当サイトでUZRやWARをほとんど紹介しないのは、そういう理由からだ。

セイバー系はずいぶん進化したが、原初の記録マニアが数字をこねくりまわして、わーわー言っていた時代の「楽しさ」を取り戻すべきではないかと思っている。

IMG_6541



2016・17年R.バンデンハーク、全登板成績【ハムや金鷲は嫌だけど、初の2ケタ勝利&規定投球回到達】


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!