星野仙一という野球人は「昭和の野球」の体現者の一人だった。

星野は父の顔を知らない。母子家庭に育ち、野球で倉敷商業から明治大学に入った。
このあたり、多くの同世代の選手と同様だ。
明治大学では、島岡吉郎監督の指導を受けた。1年先輩の高田繁は島岡から一度も叱られたことのない優等生だったが、星野も殴られることはなかったという。

島岡吉郎は大学野球の名将として野球殿堂入りしているが、野球経験は全くない。応援団長出身で、商売の傍ら野球部の監督になり、秋山登、土井淳、近藤和彦らの選手を育てた。その手腕は高く評価されてはいるが、野球経験がないだけに「精神論」「根性論」に凝り固まっていた。応援団上りだけに上下関係には厳しかった。有識者の中には島岡吉郎の殿堂入りに疑問を呈する人も多い。
当時の大学野球はそういうものではあった。砂押邦信監督の立教大学で排斥運動が起こったように、指導者は高圧的で暴力もいとわなかった。
当時の野球人の中には、大学時代に受けた暴力で、今も障害に苦しんでいる人がいる。そういう世界だった。
子どもの頃、私は近畿大学野球部の寮隣に住んでいたが、野球部員は大学生とはとても思えなかった。寮室にも何度も行ったことがあるが、畳敷きで煙草臭い部屋で、選手たちはマージャン卓を囲んでいた。

星野仙一はそういう「昭和の野球」の濃厚なエキスをもってプロ野球に入った。旺盛な闘争心と勝負への執念で、星野は頭角を現したが、およそスポーツの健全性とは無縁だった。

引退後、星野仙一は経営者や政治家などからも一目置かれる存在になる。それは巨人の対抗馬として中日を強化したからではあったが、同時に「じじい殺し」と言われた世渡りのうまさもあった。このあたり、明治大学時代に培われたものかもしれない。


監督成績

MNG


忘れられないのは、1997年6月、MLBから派遣された審判のマイク・ディミューロを恫喝し暴力をふるったことだ。これは非常に恥ずかしい出来事だった。日本野球が野卑で、目先の勝敗にこだわり、フェア精神のかけらもないことを露呈した。

そうした野球人が野球界の大立者になり、リーダー的な立場になっていったのだ。

2008年の北京五輪は、少数民族への弾圧をやめない中国への非難が多く集まった大会だった。また、各国メディアへの統制も厳しかったが、日本代表監督になった星野は、そうした疑問を呈する記者団を一喝した。「俺は野球をやりに来ているんだ!」これには失望した。
田淵幸一、山本浩二をコーチに据えた布陣は「お友達内閣」と言われたが、予選ラウンドは4勝3敗、決勝でも敗退し、4位に終わった。

2013年の楽天初優勝も星野の功績ではあるが、シーズン終盤からポストシーズンにかけて田中将大に過酷な登板を強いた。このことも強く印象に残る。

星野は戦力が充実し、その戦力が星野に従順な場合に限り、力を発揮するが、そうでないときは勝てない監督だった。

そして「プレイヤーファースト」のかけらもない指導者だった。投手としては闘争心にあふれ、面白い存在だったが、指導者としてはいろんな意味で、一時代前の人だったというべきではないか。

IMG_9174



1999~2001年伊藤智仁、全登板成績【先発として安定も、再び暗闇の中へ】


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!