100000本(修正)を数えるNPBの通算本塁打の第1号を打った選手として知られる。強打の左打者だった。

1916年10月生まれ。戦前の当たり年。同い年に長谷川治、呉昌征、鶴岡一人、藤村富美男、大沢清、MLBではエノス・スローター、ボブ・エリオット、マレー・ディクソン、ビーチャー・ロウ。

鳥取一中から大阪タイガースに入団

キャリアSTATS

Isamu-Fujii


1936年5月4日の甲子園球場でのセネタース戦で、2番左翼で先発した藤井は、野口明から左中間にランニング本塁打を打つ。これがNPB史上1号の本塁打だった。タイガースの投手は藤村冨美男。

戦前はタイガースの中心打者として活躍するが、2度の応召で6シーズンを空費する。戦後は朝日軍に入団するが、阪神との二重契約問題が発生した。

1950年、2リーグ分立時に新球団大洋に移籍。このころから長打力が増して、リーグ屈指の強打者となる。

40歳の1956年にも13本塁打。同い年の鶴岡一人が引退し、藤村冨美男が衰えても元気だった。

兵役さえなければ川上哲治に続いて、藤村冨美男とともに2000本安打は確実だっただろう。


1974年星野仙一、全登板成績【巨人を止めた最多セーブ&沢村賞】


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!