この話を本気で考える時代が来るとは思わなかった。
イチローがNPBに復帰するとすれば、中日とオリックス、どちらが良いか?

どちらも観客動員が伸び悩んでいるチームだ。イチローが来れば観客動員に大いにプラスになるという思惑はある。
資金的には、オリックスの方が中日よりは潤沢だろう。とはいえ、松坂大輔に出したような4億とか言う話にはならない。中日で1億、オリックスで2億というところか。
しかしイチローにとってはそれは大した問題ではない。イチローはまだマリナーズ時代の年俸を分割で受け取っている。その額は、NPBでもらう年俸と変わらない。

縁という点では、元の所属チームと、出身地のチームという点で大差はないだろう。

どちらのチームの方が活躍できそうか、という点でいえば中日か。
セ・リーグとパ・リーグでは、投手力が違う。則本昂大、岸孝之、菊池雄星、武田翔太、千賀滉大、有原航平、石川歩というパの主力投手に比べれば、セは菅野智之を除けば明らかに見劣りする。セの方が、活躍の余地はあろう。
衰えたとはいえ、外野守備は問題がない。DHになることはないだろう。右翼で時折いいプレーを見せるだろう。人工芝を嫌がる可能性はあるが。

では、どんな成績を残すか。名選手の最終年の成績を並べてみる。

Hitter-Last

興味深いのは、大昔の選手はラストイヤーでも規定打席に達していたこと。昔は刀尽き矢折れて引退する名選手はいなかったのだ。

ラストイヤーだから、好成績を挙げた選手はもちろん少ない。出場機会も少ない選手が多い。故障も当然あるだろう。

イチローもこうした成績になると思う。規定打席に達して3割という可能性はあまりないだろう。
あと381打数を加え、4000打数に乗って、NPBの打率ランキングのトップに出るかどうかという感じか。

オリックスあたり「50歳まで5年5億で契約する」と言いそうな気がするが、これは球団、イチローともに不幸になると思うので、やめたほうが良いだろう。

Ichiro
(修正)

2017年秋吉亮、全登板成績【WBCで好投も、シーズン途中負傷離脱】


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!