昨年、ソフトバンクに復帰した川﨑はチームと契約しないままキャンプを迎えている。


日刊スポーツ
ソフトバンク工藤公康監督(54)が30日、ヤフオクドームで今季の契約を結んでいない川崎宗則内野手(36)について「キャンプには間に合わないと思う。まだ体調のことを含めて。全部は把握していないので、球団が契約するまではお任せしている」と、キャンプに参加しないとの見通しを明かした。

これが笑わせる。

地元のテレビ番組に出演した達川ヘッドコーチは「もう1回、彼と野球がしたい。テレビを見ていたら、ぜひ帰ってきてほしい」と呼び掛けた。

尋ね人のコーナーじゃあるまいし。

P3260969


体調不良は事実だろう。両アキレス腱を痛めているが、それでも現役を続行するつもりならソフトバンクと契約すればいい。そうしないのは、おそらくMLBの動向が気になっているからだろう。

今年のMLBは前代未聞のストーブリーグ。球春が来るのに、まだストーブに十分に火がつかず、くすぶっている。ダルビッシュをはじめ、多くの選手の移籍先が決まっていないのだ。

青木宣親はしびれを切らしてヤクルト復帰を決めたが、川﨑は反対に「目がある」と思ったのではないか。
開幕直前にばたばたと選手の去就が決まる。その時に手を挙げれば、何とかMLBに潜り込めるのではないか。
青木と違って川﨑はマイナー契約から何度も這い上がっている。チャレンジを楽しむメンタリティもあるのだろう。
戦力が充実しているソフトバンクでは、川﨑のチャンスは多くない。で、あれば、もういちどイチかバチかMLBでやってみたい、と思ったのではないか。

少し前の岡島秀樹もそうだった。彼も一度ソフトバンクに移籍し、活躍しながら再びMLBに渡った。
一度MLBの空気を吸うと、それが忘れられなくなるのではないか。

ま、自由にさせてやってくれよ、と言いたい。川﨑はいろんな意味で、野球界に自由な空気を吹き込んでくれたいいやつだ。
好きに生きていけばいいんじゃないか。

M-Kawasaki



片平晋作、全本塁打一覧|本塁打大全


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!