多くの高校、特に私学にとって「甲子園」は、何よりのアピールになる。そのために優秀な指導者を招聘し、有望な素材の選手をスカウトする。
本来「未来への投資」であり、「教育の一環」であるはずの部活、高校野球はこうして変質していく。
なんとしても甲子園に出させたい、という思いは、選手以上に指導者、学校経営者に強い。また父母の中にもそれを目指す人が多い。
学校、指導者にとっては「甲子園」そのものが、成果、実績である、野球強豪校となれば、知名度は全国的なものになる。「甲子園出場何回」「優勝何回」という指導者は「名将」とたたえられる。講演会なども増えるし、他の学校から高給で引き抜かれることも多い。

選手にとって「甲子園出場」は、大学進学、社会人への就職では有利だ。そしてプロのスカウトも注目する。その点では「行かないよりも行ったほうが良い」が、甲子園に出場するには、過酷な地方大会を勝ち抜かなければならない。
その過程で無理をして故障をしたり、怪我をすることも多い。そうなると、選手の将来には暗雲が立ち込める。
将来プロで活躍したいと思う選手の中には、ハードな練習や試合を忌避したいと思う選手も多い。
ダルビッシュ有もそんなメッセージを送っているが、桑田真澄も指導者に「休ませてくれ」「試合に出さないでくれ」と頼んだことがあるという。

選手たちは「将来のこと」を考えて、高校野球で無理をしたくないと主張するのだ。高校野球が「教育の一環」であり、「将来への投資」であるとすれば、選手が言い出す前に、指導者がそういう配慮をすべきだが、そうなっていないケースが多い。
「学校のために投げてくれ」と選手に迫るケース、直接言わないでも「同調圧」でそれを強要するケースもある。
そういう場合でも指導者は「どうしても選手が投げたいというので」とコメントすることが多い。
選手に責任転嫁しているのだ。指導者失格だろう。

高野連の八田会長は「甲子園で燃え尽きたいという選手もいる」とこれを肯定した。この人物は同志社大学の学長まで勤めた教育者だが、教育の本分を理解していないと言えよう。

IMG_5219


「こういうやりかたはおかしい」「高校野球は本当に教育の一環なのか」という声があちこちからあがるようになった。
高野連や朝日新聞も、「これはまずい」と思い始めているが、今までこの状況を放置してきた責任を問われたくないので、少しずつ方針を変えようとしているところだ。姑息なことである。


片平晋作、全本塁打一覧|本塁打大全


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!