「マネーボール」以来、セイバー系の数字は一般でも知られるようになった。OPSやWHIPは、日本のメディアでも紹介されるようになった。もっとも、その本当の意味が理解されたかどうかは定かではない。

OPSは、出塁率と長打率を足した単純な数値だ。しかし、今でも打者の評価の重要な指標だ。出塁率にも長打率にも「打率」がインクルードされている。つまりOPSは、打率を重視するという設計思想が反映されている。

WHIPは、1イニング当たりの安打、四死球の数値だが、実は投手と打者の対戦の「勝率」でもある。この数値は、基本的な投手の能力を示している。しかし得失点や勝敗とは直接の関係はない。これもセイバーメトリシャンの設計思想が表れている。

単に数字を見るだけでなく、自分で計算してみると、その過程でこの指標を作った人の考え方が理解できる。

長打率、走塁、選球眼、奪三振なども本塁打率、盗塁成功率、BB9、K9、K/BBなどの指標であらわされるようになった。
セイバーメトリクスによって野球をデータで見る文化が開花したのだ。

ただ打点=RBIだけは、どのセイバーの数字にも引っかからなかった。そこで、オフェンス面の様々な要素を加味し、変数を加えてリーグトップクラスが100前後になるRC(Run Create)という数値が開発された。
これは発表されたときには、打者の究極の指標だとされた。またその派生のRC27も、打者の実力を評価する指標として重視された。

ただ、RCの順位は、OPSの順位とほとんど変わらない。
投打の多くの指標も、大部分は、これまでの通常の記録で偉大だとされた選手を、記録で追認するものだった。
あるいはおおざっぱに「優秀だ」と言われた選手の優秀さが、セイバーによってより具体的に語ることができるようになったと言い換えても良いかもしれない。

結局、通常のSTATSに基づいたセイバーの指標は、野球の「記録」そのものが持っている不確実さや不正確さをそのまま引き継いでいるのだ。

こうした事実に異論を突きつけたのは、BABIPという指標だった。発案者のボロス・マクラッケンは、本塁打を除くインフィールドに飛ぶ打球が安打になる比率は、長期的に見れば3割前後に落ち着くことを見つけた。
BABIPは、多くの指標とは異なり、実力ではなく「運」の指標だった。BABIPが良い打者はいずれ打率が下がり、BABIPが悪い投手はいずれ防御率が上がる。
BABIPからはDIPSという投手の指標も作られた。運の要素を除いた投手成績だ。

BABIPによって、セイバーメトリクスは次の段階に進んだと言えるが、新しい指標ができればできるほど、従来の記録の不備も見えてきたのも事実だ。

P6148437


たばともさんのクラシックSTATS鑑賞、5周年である。ぱちぱちぱち
5年目になりました


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!