昔は、いろいろな分野の文章を書いていたが、このところ私は、ある企業の社史を作っている以外は、ほぼ野球のことだけを書くようになった。こんな風になるとは自分でも驚きだ。中で多いのは、記録から見てその選手の評価をする仕事だ。

新聞記者のように、野球選手と日常的に接しているわけではないから、その選手がどんな選手かを知るよすがは、数字とメディアに露出した情報しかない。しかしそうした二次的な情報から、その選手のいろんな部分が見えてくるのだ。だからニーズがあるのだと思う。

打者について記録を見るとき、私が第一に注目するのは、四球と三振だ。四球が多いか、少ないか。三振に比べてどうなのかをチェックする。
四球数が出場試合数の3割未満で、三振数よりも大幅に少ない打者は「粗い打者」である。早打ちだと断じてもいい。最近のMLBではこういう打者の評価は極めて低い。打率や打点があっても、FAになることも多い。NPBでは積極打法は評価されるので、その限りではない。
反対に、いまどき、四球数が三振数を上回るような打者は、相当な打者だ。今は多くの投手が、三振を奪うマネーピッチを持っている。打者のリザルトに占める「三振」は増加している。そんな中で四球数が三振数を上回る打者は、それだけで評価してもよい。
事実、MLBでもNPBでも評価が高い打者はK/BBが1に近い打者が多いのだ。

次に二塁打数を見る。二塁打が試合数の3割に近い打者は、かなりの好打者だ、そして二塁打が本塁打より倍以上多い打者は「中距離打者」だと規定できる。

さらに「得点」が、試合数の5割を大きく超えている打者は、1~3番を打っている可能性が高い。出塁率が高く、足も速いことが多い。

こういう感じで、従来型の数字をもとにしてもある程度、その選手の評価をすることができる。
そういう評価と、セイバー系の数字が大きくかい離することはまずない。

既存の数字を理解することができれば、セイバー系の記録が何をあらわしているのかもよく理解できる。

そういう意味でも、既存のSTATSはいまだに有効だし、大事にすべきだと考えている。

さらにさかのぼれば、そうした数字は、球場でスコアシートをつけることから始まる。自分でスコアをつけることから始めれば、高度なセイバー系の数値もよく理解できる。

野球の理解を深めるためには、いきなりセイバーメトリクスから入るのはお勧めできない。その前にずっと昔からある「野球の記録」を知ることは必須なのだ。

DSCF0369


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!