先日も書いたが、守備成績は、それを正確に表す数値がなかったうえに、あまり注目されていなかったからだ。しかし、今、野球の記録では最もホットな分野だろう。
NPBの公式サイトでは、守備記録はこれだけだ。
出場試合数(G) 刺殺(P) 補殺(A) 失策(E) 併殺(DP) 捕逸(PB) 守備率(F%)
他には不十分だが捕手の盗塁阻止率が公示されているのみ。

これまで、守備のデータは守備率くらいしかないと思われていた。ゴールデングラブは守備率と、記者各位の「印象」によって選出されていた。それしかないと考えられていた。
セイバー系ではRFがあった。これは9イニング当たりの守備機会(刺殺+補殺)で、守備範囲を示すと考えられている。RFは守備率より有効だと思うが、NPBは守備イニング数を発表していないので、正確なRFは算出できない。控え野手の守備範囲はわからない。

しかしこれだけの情報でも、ポジション別に見ていけば、かなりのことが把握できるのだ。

一塁手では、刺殺数が圧倒的に多くなるが、これは野手からの送球を受けた数であり、守備範囲の広さとは関係がない。それよりも純粋に野手としてゴロやフライを受けた数である補殺と、守備率が重要だろう。一塁手の失策は、補殺し損ないと、送球の受け損ないだ。ここに一塁手の能力が現れる。

二塁手は、ゴロ、フライ処理数である補殺数が一番重要だ。この数字が大きい選手は貢献度が高い。続いて守備範囲を示すRF。NPBであっても、正選手のRFはある程度信頼できる。併殺参加数も重要だ。二塁手、遊撃手が固定されているチームでは、二塁、遊撃の併殺参加数の合計も見る必要がある。

内野手で守備機会が最も多いのは一塁手。続いて二塁手、遊撃手であり、三塁手は最も少ない。三塁の守備負担は、数だけでいえば。一番軽いと言える。それだけに、三塁手で重要なのは守備率だ。この数値が遊撃手、二塁手よりも悪い三塁手は優秀とは言えない。続いてRFだ。

遊撃手は、なんといっても守備範囲の広さが重要だ。RFが大事だろう。続いて併殺参加数。守備率は極端に悪い場合は問題だが、RFの数値が大きくて守備率が悪い場合は、無理目の球を取りに行っていると考えられる。

IMG_0346


外野手は、NPBではひとくくりにされているが、右翼、左翼、中堅で数字は大きく異なる。守備機会は中堅、右翼、左翼の順だ。だから左翼には守備が得意でない強打者を回すことが多い。
最も守備機会が大きい中堅手は、RFが重要な数値だろう。右翼、左翼ともにRFは有効だが、ポジションごとに比較しないと意味がない。そして補殺。肩の強さを表す。外野手で二けた補殺は優秀だ。しかし「強肩」という評判が立つと走者が自重するので、二けた補殺は評価が定まらない若手外野手が大きい傾向がある。守備率はほとんど役に立たない。

IMG_8160


捕手の刺殺は三振処理数であり、守備力とは関係がない。補殺は純粋に野手としての打球処理の数だが、数が非常に少なく参考程度だ。捕逸は捕手の能力を端的に表している。また盗塁阻止率は、強肩を表す数値として有効だ。捕手のリードがcERAである程度わかる。しかし捕手を評価する数値は不十分だ。

投手は守備機会が少なく、有効な数値はあまりない。ある程度印象論になるのはやむを得ないだろう。ただ、藤浪晋太郎のように守備率が毎年、極端に低い投手は問題があると言えるだろう。

守備については、おおざっぱにこういう見方をしている。いかがだろうか?



私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!