わかっている方はわかっていると思うが、とくに若い方で私の言う「記録を理解する」ことが、お解りいただけないようなので、もう一度説明する。

野球の記録は、新しいものも古いものも「数字」である。端的に言えば、その数値が大きいか小さいかで、その選手の一つの特性が評価できる。そして複数の「数字」を総合的に見ることで、その選手の総合的な個性も浮かび上がってくる。

例えば「盗塁数」が多ければ、その選手は「足が速い」あるいは「盗塁技術がある」といえる。その上で「三塁打数」が多ければ、「足が速い」評価はさらに強化される。「得点数」が試合数の半数以上あり、「出塁率」も4割近くあれば、強いチームの良いリードオフマンであることがわかる。さらに、その選手が外野手で、守備成績でRFが良いとなれば、その選手は俊足を守備にも生かしている優秀な外野手だということがわかる。

しかし「盗塁数」が多くても「盗塁死」も多く「盗塁成功率」が低い選手。四球が少なく「出塁率」も3割台前半だとすれば、その選手は、足は速いかもしれないが、無謀で身体能力を十分に活かしていない可能性もある。

IMG_9528


野球の記録は、そういう感じで、野手、投手の個性を数字から浮かび上がらせることができる。そしてその個性が、実態と乖離していることはまずない。だから直接知らない昔の選手も、キャリアSTATSを見ればある程度評価することができる。
「記録を読む」とは、そういうことである。私はそういうふうに膨らませることができるから、野球の記録が大好きだ。

セイバーメトリクスの研究者も野球の記録の豊かさを同様に感じていたと思う。だから、既成の野球記録を加工して、さらに選手の能力に迫る数値をいろいろ開発した。その気持ちは本当によくわかる。セイバーによって、野球の記録を語る言葉は、さらに豊かになったと思う。

問題は、そこにUZRなどの新しい数字や、トラッキングシステム、スタットキャストなどのデータを、野球記録の豊かな文脈の中に組み入れることができるかどうか、ということだ。

スタットキャストは、特定の選手の守備や打撃のポテンシャルを端的に、きわめて正確に数値化できる。それは非常に魅力的だが、そこであらわされるのは「打つ」「投げる」などのプリミティブな能力だ。それをどう野球に活かすか、という「応用」の部分は何も語っていない。

昨年のMLBのフライボール革命によって、アーロン・ジャッジのように一定の角度で速い打球を打ち出すことができる選手の評価が急上昇したが、スタットキャストはジャッジの「そういう能力」を裏付けた。しかし、フライボール革命は、一時的なトレンドに過ぎない。ジャッジの高い評価は、そういう「相場観」によって得られたものであり、スタットキャストの数値は、それを裏付けているだけだ。
ジャッジが野球選手としてどんな能力を持っているのかは、従来のSTATSを援用しなければ十分には理解できない。極論すれば、スタットキャストがなくてもジャッジの評価は十分にできる。
彼はすさまじい長距離打者だが、三振が極めて多く、二塁打が少なく、一発狙いの粗い打者である。
マーク・レイノルズやクリス・カーターの系譜に属する可能性さえあると思う。

最近の新しい数字は、今の選手の「時価」を評価している。球団は「時価」が高い選手を知りたがるだろうが、私は選手を抱える気はないので「時価」には興味はない。新しい数値の多くは、チームの強化、選手の獲得には役に立つだろうが、私は今後、多少本が売れたとしても球団のオーナーになるのは難しいと思っている。関係のない話だ。野球のデータがチームの補強や作戦に役立てることができると、わがことのように興奮している人もいるが、それも興味がない。

私は150年以上も続いてきた野球が、新たな1ページを重ねていくことをずっと見続けていきたいと思うし、その歴史が数字として積み上がり、その数字を過去と比較していろいろ話すことができることを楽しみたいと思う。

新しい数字の数々が、その楽しみをさらに広げてくれるのであれば、喜んで仲間に加えるが、今のところ生硬くて、独りよがりで、仲間に入れにくい。もう少し時間をかけてみていきたいと思う。

IMG_9751



たばともさんのクラシックSTATS鑑賞、5周年である。ぱちぱちぱち
5年目になりました


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!