快速好打で鳴らした名外野手。3つの球団で活躍した。
1955年6月生まれ。同い年に河埜敬幸、遠藤 一彦、掛布 雅之、藤田 学、デニス・マルティネス、柳原 隆弘、 古谷英夫、堀場 英孝、マット=キーオ、袴田 英利、大野 豊、 山倉 和博、 田中 由郎、石井 昭男 、MLBではロビン・ヨーント、ウィリー・ウィルソン、チェット・レモン、ジャック・モリス。

名古屋商科大からドラフト外で中日へ。入団時は投手だったが2年目に外野手に、3年目にスイッチヒッターに転向する。

キャリアSTATS

Ken-Hirano


一軍に初出場したのは26歳の時、大きく遠回りをした。前年にはいったん戦力外になったという。
しかし初出場した1981年、守備固めで外野手として高い守備能力を示す。

82年は左翼大島、右翼田尾、そして中堅平野。守備範囲の広さで優勝に貢献、ダイヤモンドグラブ賞を受賞。また最多犠打も記録。

俊足、球に逆らわなおバッティング、巧みなバントで2番打者として頭角を現す。スイッチヒッターであったことも使い勝手を向上させた。

1986年には盗塁王。しかし87年故障で試合出場が減る。オフに星野仙一監督から、小野和幸とのトレードで西武に移籍。

これで平野は控え選手になるかな、と当時思った記憶がある。しかし、西武の森祇晶監督は、強力打線にあって。平野を「つなぎの打者」として重用。

以後、無敵の西武ライオンズにあって、スター選手の一員となる。

スイッチヒッターだが四球は少なく、早打ちではあったが、走者を進める打撃が巧み。また三振も少なかった。
外野手としては1989年の21を筆頭に8回二けた補殺を記録。投手上りだけに肩自慢でもあった。

1000本安打は、1989年9月24日、西武球場のロッテ戦、2番右翼で先発し、3回裏に村田兆治から左前打。

1992年、年俸1億円に。「あの平野が1億円プレイヤー」と驚いた記憶がある。

移籍1年目にキャリア2度目の3割。6年連続でゴールデングラブ(86年、ダイヤモンドグラブから名称が変わった)。選手の格が上がった感があった。

93年もゴールデングラブを取りながら戦力外となり、ロッテに移籍、3年間プレーして41歳で引退。

引退後は指導者、解説者として活躍。


たばともさんのクラシックSTATS鑑賞、5周年である。ぱちぱちぱち
5年目になりました


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!