怒っているわけではなく「お客さん」みたいな感じで、面白がっているのだが、当サイトには「野球の敵」恐らく「サッカーの味方」だと思っている人が割とやってくる。

当サイトは言うまでもなく「野球の味方」であり、野球が好きで記録のことをいろいろ書いたり、試合やキャンプのレポートをしたりしている。また「野球離れ」については取材もし、いろいろな意見を表明している。

「野球が面白く」「今後も存続する価値」があり、「それを応援する立場」にある。このサイトの読者、コメントを寄せる人はそれが前提だと思うのだが、そうでない人も来る。

「野球のことばかり言うな」的な人とか、「野球は優遇されてきたのだから、これ以上支援する必要はない」という人もやってくる。そういう人たちは「野球が嫌い」あるいは何らかの理由で「目の仇」いしている。

今朝もコメントでそういうやり取りをしたが、面白いコメントがあったので紹介する。

野球のキャンプは豪華でまだ捨てたモノではないといいながら育成費すらtotoの助成金頼み。 自分の収益は自分の為に最大限活用した上で下の世代の育成費は助成金使った上、もっと欲しいから野球くじ作る訳だ。 ホント銭ゲバの連中だな。


こういうコメントをする人は、野球側の人は機構もファンも選手も指導者も、みんな一緒くたに「野球のやつら」だと思っている。キャンプを運営する立場と、助成金を申請する立場と、次世代育成する立場は、それぞれ別個で、利害も一致するわけではないが、このコメンターにはみんな一緒くたに「野球のやつら」ということになる。で、「銭ゲバ」ということになる。

IMG_6524


ネットでよくみられる思考形態だ。自分と意見や立場の異なる人はみんなグルで、敵である。昨日も五輪のメダルはコンセプトたりえないと書いたら、「日の丸振っている奴はみな右翼だと思ってるんだろ」とコメントする人がいた。私は試合開始前の国歌斉唱でどんなことをしていても起立して「君が代」をうたう。何ら矛盾はしていない。

失礼ながら、そういう人は自分がすごく単細胞であることに気が付いていない。そして他人もみんなそういう単細胞だと思っている。リアルな議論であれば、そういう人も話せばわかるのだが、ネット上ではこうした単細胞がそのまま増幅する。だから怖いのだ。

実は、「野球のやつら」を攻撃する人は、自身ではサッカーや他の競技の味方のつもりでいるが、実際にはそうではない。各競技はビジネスの上では競合しているが、スポーツ界全体としては協力し合うことも多い。決して「敵」ではない。
無用の対立を生むという点で「野球を敵視する」ファンは、サッカーファンとは言えないのだ。

何度も話しているが、私はサッカー界の考え方、運営のポリシーには心の底から敬服している。今の野球の体たらくをみるにつけても、野球界はサッカー界の軍門に下るべきだと本当に思う。古田敦也も「Jリーグ100年構想」に野球界は参加すべきだ、と言っていた。
でも私はサッカーを野球ほど熱心に語ることはできない。サッカーの試合は見に行きたいとは思わない。そういうことだ。

2年前、川淵三郎ファウンダーにインタビューしたとき、最初に川淵さんが言ったのは「今日、イチロー打った?」だった。3000本が近づいていたからだ。で、「僕は野球が大好きで、ドイツへサッカーで留学した時も、この青い芝生でキャッチボール出来たらいいなと思ったよ」と言った。サービストークも入っているが、本当の「サッカーの味方」は「野球の味方」でもあったのだ。

当サイトは「野球の味方」であり、野球の発展を願っている。そういうサイトに来て「野球なんて発展しなくていい」というのは、寿司屋に来て「寿司ばかり売るな」というようなものだ。この例え、自分で気に入っているので何度も使っているが、そういう人が来たら、何度でもそう云おうと思っている。