プロ野球の春季キャンプでは、その日のスケジュール表が配られる。午前中、ウォーミングアップやランニングが終わると「CB→ペッパー」と書かれたプログラムに移る。キャッチボールからペッパー(トスバッティング)という意味だ。

二人一組でキャッチボールをする。一方の選手はバットを横に置いていて、次にペッパーに移る。

アマ野球ではトスバッティングというが、なぜかプロはペッパーだ。相手が緩く投げたボールをバットで打ち返す。ワンバウンドで相手の取りやすい打球を返すのが基本だ。

しばらく打つと今度は交替する。

実はこれを見るだけで、けっこう選手の特長がわかる。

今年もいろんなところで見た。

オリックス、T-岡田

IMG_9338


芯で当てて割と強い打球を返している。

楽天、嶋基宏

IMG_3189


ゆっくりとバットに当てることだけを考えている感じ。

ヤクルトキャンプでは、山田哲人と青木宣親が組んでいた。これは豪華。
山田哲人

IMG_6504


器用である。青木が少しミスをして高い球を投げても、きれいに打ち返している。

バレンティンは坂口智隆と組んで、青木と並んでに打ち返していた。

IMG_6500


青木はバットにボールが吸い付くように打ち返しているが、バレンティンはへたくそである。何度も変な方向に打ち返して「わりいわりい」とやっていた。

ペッパーはアメリカから来た練習のはずだが、外国人はへたくそが多い。そもそもやらないのだろうか。

今日は高知の安芸で阪神の二軍キャンプを見たが、練習試合の相手であるJR四国がグランドで練習していた。お決まりのコースでキャッチボールからペッパーとなったが、プロばかり見ていたこともあって、みんなおどろくほど下手に見えた。ワンバウンドで打ち返せない選手も結構いた。

こういうところに野球センスの差が出るのかと思った。



野村克也、投手別本塁打数|本塁打大全


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!