ようやく、今の異常な高校部活に改革の動きが出てきたようだ
毎日新聞
運動部活動に関するガイドライン(指針)を検討するスポーツ庁の有識者会議が23日、東京都内で開かれ、すでに固まっている中学校での活動時間や休養日の基準を高校にも適用することが了承された。会議の結論を踏まえ、同庁は3月に指針をまとめる。



有識者会議は、中学の部活動について、平日は長くとも2時間、休日は3時間程度までとし、休養日を平日1日以上、土日1日以上の週2日以上とする基準を固めている。高校に関しては義務教育でない点を踏まえて議論してきたが、この日の会議で中学の基準を原則適用すると確認した。

高校のほとんどの部活が、この決定によって短縮化されるだろう。一部の高校で狂気のように行われている部活が緩和されることは、朗報だろう。

しかし一方で「例外を設けるべきだ」という声が上がっている。

元女子柔道選手の山口香・筑波大准教授は「指針を順守したら10代で五輪で活躍する選手は生まれない。夢を奪うことになる」と述べた。

うーん、山口香って・・・昔、女三四郎と言われた首の太いお姉ちゃんだった。「1日練習を休んだら、取り戻すのに3日かかる」という昔の指導者の言い草をそのまま真に受けているのだろう。
実際には休養日を適度に取り入れ、練習そのものも効率化を図り、短時間にすることで、故障者は減り、創意工夫する部員が増えるだろう。
そして「根性論」が、弱くなり「合理主義」がもっと普及するだろう。
オリンピックに出場するのは部活の目的でも何でもないが、改革によって五輪に出場する選手は増えるのではないか。

IMG_6107


教育研究家の妹尾昌俊氏は「抜け道があれば指針の意味がなくなる。基準に著しく違反した場合は学校名を公表するなど、実効性を担保する仕組みを明記すべきだ」と主張した。

全く賛成だ。日本人は決まり事と抜け穴を同時に創るのが大好きだが、これ以上「部活被害者」を作らないためにも、例外ない形で部活の改革を進めてほしいものだ。

IMG_9354



野村克也、投手別本塁打数|本塁打大全


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!