とにかく資金的に苦しい中で、みっともない戦いはしたくないというのがこの球団の本音だろう。





昨年の本塁打王、ゲレーロの移籍を引き留めなかった。
仕方がないのかもしれないが、その穴を森繁和監督のドミニカ人脈など外国人選手で埋めている。

中日の打線。左が2017年、右が今年。

CD-H-2018


ゲレーロの退団は既定路線。これにかわってアルモンテ、モヤと2人のスイッチヒッターの外野手を獲得。
どちらもMLBでの実績は乏しい。また四球を選ぶタイプではない。大きな期待はできないだろう。

むしろ、今季二塁にコンバートされた高橋周平、そして昨年後半に少し活躍した福田永将に期待がかかる。
この二人が規定打席に達する活躍をすれば、京田陽太とともに内野は引き締まる。ただ、この2人は毎年のように期待されて結果を出してこなかった。楽観はできないだろう。

IMG_2192


大野奨太を獲得したのは収穫だろう。正捕手になりきれなかった松井雅人とは格が違う。松坂大輔一投手陣にも良い影響があるだろう。

しかしトータルで考えて、戦力補強ができたとはいえないだろう。

IMG_2133




2017年福山博之、全登板成績



私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!