MLBとNPBの戦力比較を同時に作っていると、NPBは変化が少なくてつまらないな、としみじみ思う。それでもまだ巨人は変化がある方だが。

2017年と2018年、巨人打線の戦力比較

YG-H-2018


巨人にしたところで、村田修一が出てゲレーロが入っただけだ。

マギーが三塁に入り、ゲレーロが左翼。あとは二塁に誰が入るかというだけ。吉川尚かとは思うがダメなら例によって中井大介、寺内崇幸、山本泰寛らが入るだけ。

IMG_7915


岡本和真は例によって阿部慎之助、マギーの控えである。

IMG_7975


外野は昨年、攻守ともに年齢を感じさせた長野に代わって石川、立岡がどれだけ出ることができるか。
今季は陽岱鋼はかなりやるのではないだろうか。

捕手では、小林には2005年~07年の谷繁元信以来の「3年連続打率最下位」という不名誉な記録がかかる。打撃では宇佐見が明らかに上だが、捕手としてはやはり小林だ。
小林は打撃、宇佐見は捕手の技術でどこまで成長できるか。

IMG_7889


戦力アップは間違いないが、最近の巨人は戦力を持て余すことが多い。3年目の高橋由伸監督は、この陣容をうまく得点にむずびつけることができるか?


2017年福山博之、全登板成績



私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!