ブレーブスは「王朝」が終焉してからも、堅実な補強をしてきた。しかし、2015年から解体モードに入って混乱していた。しかし、今年は再起の兆しが見える。

監督は63歳のブライアン・スニッカー。評判が良いベテラン。3年目。移籍先文字のグレー地は招待選手。グレー地は40人枠またはマイナー契約。

ベージュは退団、移籍、ブルーは新加入

ATL-H


このチームはマット・ケンプの移籍をめぐっていろいろあった。2017年12月に、エイドリアン・ゴンザレス、ブランドン・マカーシー、スコット・カズミアー、チャーリー・カルバーソンとのトレードでケンプをドジャースにトレード。さらにゴンザレスをメッツに放出するも年俸の大部分を負担。
二塁のブランドン・フィリップスもFAとした。

将来的な年俸負担を軽減するとともに、若手のために席を空けた。

二塁にはキュラソー出身、身体能力の高いアルビースを抜擢。三塁にも有望選手のカマーゴを抜擢する予定。

ずば抜けた守備範囲で売り出したエンダー・インシアルテともども、2、3年先の主力選手が台頭している。

大砲はフリーマンだけ。チームの顔、マーケイキスも衰えが目立つが、種まきは今季で完了するのではないか。



2017年福山博之、全登板成績



私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!