他の4球団との差が大きすぎて、ペナントレースの興趣を殺ぐこと甚だしいナ・リーグ東地区ではある。

昨年と今年の投手の陣容。移籍先文字のグレー地は招待選手。グレー地は40人枠またはマイナー契約。
ベージュは退団、移籍、ブルーは新加入

WAS-P


サイ・ヤング賞のシャーザー、この投票で3位になったストラスバーグがいて、6位のジオ・ゴンザレスがいる。
昨年はWBCの影響かERAを落としたタナ―・ロアークもいる。期待のAJコールもいる。この陣容には黙るしかない。

救援は平凡ではある。シーン・ドゥーリトルがクローザー、40歳のベノワはやや不安、あとはロメロ。枚数が足りないが若手が上がってくるのではないか。

追加)37歳のライアン・マドソンがいました。ご指摘があり、データも修正します。

この偉大な先発投手陣と、充実の打線で勝てないとすれば、故障者連続のケースだけだろう。



2017年福山博之、全登板成績



私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!