コメントで盗塁阻止率の話が出ていたので調べてみた。
NPBはなぜか盗塁阻止率の数字を出し惜しみする。2013年にJ Sportsでコメンテーターをしていた時に、阻止率のデータをもらおうと思ってBISに請求したが、紙で規定試合数以上の選手の成績しかもらえなかったのを覚えている。
オフィシャルベースボールガイドには全捕手の成績が載るが、シーズン中のオンタイムの成績は公式サイトにも載らない。

パ・リーグのチーム別の盗塁阻止率(修正しました)

CSritsu-PL-Total


衝撃的だ。日本ハムの盗塁阻止率は1割台。走られ放題だったのだ。12球団でも1割台は日本ハムだけだ。
今季、大野奨太を中日に移籍させ、ソフトバンクから鶴岡慎也、巨人から實松一成を入れたこととこの数字は無関係ではないだろう。
今の野球では、盗塁阻止は捕手と投手の合作だ。クイックで投げる投手がいてこその捕手の盗塁阻止ではある。しかし、ここまで酷いのは、捕手の責任だろう。

IMG_5827


50試合以上出場した捕手の盗塁阻止率ランキング(修正しました)

CSritsu-PL-Kojin


盗塁の成績を見るときに、留意すべきは阻止率だけでなく、企図数だ。西武はチーム全体で企図された盗塁数が76、相手チームは西武戦では走ってこないのだ。
これは、岡田、炭谷両捕手の肩が抑止力になっているからだろう。同時にクイックのうまい投手がいるのだと思う。

楽天の嶋は、企図数が90、リーグを代表する捕手だが走られている。

日本ハムの3捕手は併せて14しか刺していない。チームは昨年、DeNAから黒羽根利規も入れたが、黒羽は8度走られて3回刺している。
捕手の体たらくが続くようだと、黒羽根の出番も増えそうだ。

IMG_0671




10人の打者 vs 23人の張本勲 |バットマンレース・スピンオフ


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!