ご指摘があり、少し手直しをした。セ・リーグの収支も見ていこう。
打撃の数字に関する「収支」。いずれも「した」数字から「やられた」数字を引いたが、盗塁死と三振は逆方向の引き算になっている。2017年のペナントレースの順位の順番に球団を並べた。

SyuSHI-CL-01


パ・リーグと同じ。ペナントレースの順位は、安打、本塁打の収支に比例するという原則を唱えても良いかもしれない。

盗塁では、広島がやたら走り回っている感じがある。田中広輔という当代一の先頭打者がいることが大きいか。その分、盗塁死も多いが。
DeNAは足の速い野手が結構いるが、企図数は最低。ラミレス監督の方針ではないかと思える。

三振と四死球に関する数字。

SyuSHI-CL-02


阪神は四球をたくさん選び、三振が少なく、奪三振が多い。誠に優秀だが、広島には及ばない。

広島は三振を喫した数ではリーグ最多。しかし打線には、いけいけどんどんの勢いがある。

巨人も阪神と同じ傾向だが、それでもDeNAに負けた。

精度が高いだけではペナントレースには勝てないということか。積極性も必要ということか。



2017年髙橋聡文、全登板成績



私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!