今日は甲子園で準決勝を見た、2試合とも延長戦でタイブレークかと思ったが、そうはならなかった。その話は明日するとして、Wi-Fiがどこでも使えなかったため蛭アップする予定の原稿が遅れてしまった。昨日の続きだ。
「野球離れ」「野球危機」の構造は、一筋縄では理解できない。今もスポーツの人気では相対的1位を保っている野球だが、時間軸で見れば衰退の一途をたどっている。

野球人気の構造を知るうえで重要な指標を示そう。

1977年、97年、2017年のNPBの観客動員と地上波テレビの野球中継における最高資料率の推移だ

BBB


観客動員は40年前はセパ合わせて1300万人だった。しかし20年前には2000万人を超す。主としてパ・リーグの観客増によってこの数字になった。20年前までの数字は実数ではなく球団発表だったから実数はこの数字より低かったと思われる。
昨年はこの数字が2500万人を超した。

この数字だけを見ればプロ野球人気は日の出の勢いという感じだ。

しかし視聴率は全く逆の数字になっている。
20年前までプロ野球の視聴率とは、巨人戦の視聴率のことだった。40年前のこの数字は、王貞治がルースの記録を抜く前後の試合で記録された。占有率は80%近い。テレビを点けている家の5軒に4軒がプロ野球を見ていた。それが20年前には24.6%になった。今では全国波でのプロ野球の中継はほとんどなくなったが、せいぜい7%である。日本シリーズでようやく15.6%。地上波テレビコンテンツとしてのプロ野球は終わったといってもよい。

単純に言えば、プロ野球は「テレビで見るコンテンツ」から「実際に見に行くコンテンツ」に変わったといえるが、その背景にはマーケットの急速な縮小がある。

これまで、プロ野球は全国津々浦々の視聴者をターゲットにして、広く薄く情報発信をしていた。しかし今は、試合を見ることができる顧客に対して狭く濃いマーケティングをしている。今の観客動員は、ほとんどがリピーターだ。ユニークユーザーに直せば1000万人程度だろう。

つまり今の観客動員、野球人気は狭いターゲットに何度もアプローチすることで成り立っている。
しかし、日本全体での野球ファンは見る影もないほど減っている。視聴率の減退がそれを如実に物語っている。

これを模式図にするとこうなるだろう。

AAA


左は昭和の時代の野球のマーケット、右は今の時代である。


昔は、年に1度も野球の観戦をすることはないが、野球中継は見るようなライトユーザーのすそ野が広がっていた。野球観戦は「贅沢な遊び」でもあり、野球ファンであっても球場にはいかない人が多かった。しかし人々は毎日プロ野球や高校野球の結果を口にし、スポーツ新聞を買っていた。

今は、野球ファンのすそ野はなくなっているが、年に何度も球場に足を運ぶようなヘビーユーザーが増えている。彼らにとって野球は今も最大の関心事だが、大部分の人々にとって野球はほとんど話題にならない。

NPBの観客動員は「A」の高さの比較だ。それだけを見れば繁盛しているように見えるが、野球のマーケットを示す「B」の幅で見れば、野球は見る影もなく衰退している。

深刻なのはBのうちの若年層がほとんどいないことだ。このまま推移すれば、Bの幅はますます狭くなる。そうなるとAの高さも維持できない時代が来る

これは今のところ不可避であり、そのための取り組みが急務になっているのだ。



2017年加賀繁、全登板成績



私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!