肥大化し、様々な飾りをまとった甲子園、高校野球の「素の姿」を見つめる時期が来ていると思う。
そうしないと、なぜ変わることができないのか、なぜ混迷が深まるのかが見えてこない。

高校野球は日本の高等学校の部活の一つである。

高校の部活は学習指導要領には
「学校教育活動の一環として,スポーツや文化,学問等に興味と関心をもつ同好の生徒が,教職員の指導の下に,主に放課後などにおいて自発的・自主的に活動するもの」と定義されている。

IMG_6059


この定義によれば、高校野球は学校教育活動の一環であり「学習」を主とすれば「従」の役割を担う。
また「同好の生徒」が「自発的・自主的に活動するもの」ものである。学校内で行われる活動だから、教職員が指導監督するのは当然だが、部活は「生徒が主役」なのだ。

しかし強豪校では「野球」をするためだけに生徒を取っている。彼らは指導者の厳しい規律のもとで野球や練習を「やらされている」。中には寮に住み込んで野球だけをする生徒もいる。しかも、能力によって選別され、選別から外れた生徒は、部活の時間に野球をする機会を奪われている。

その上に、高校野球は深刻な「健康被害」を広範に引き起こしている。
「野球ひじ」「野球肩」、足腰の故障、負傷。
生涯にわたって障害に苦しむ生徒はそれほど多くないかもしれないが、この健康被害によって「好きな野球が満足にできない」状態になって卒業する生徒はたくさんいる。

学校は「学ぶところ」「教育を受けるところ」ではあるが、その前提として学校は「生徒の心身の安全を確保」しなければならない。その学校の、正規の部活動で、甚大な「健康被害」が起こっているのである。

今の、この状況は端的に言えば「高校野球は無理をしている」と言えるだろう。
なぜ、高校野球は、本来の「部活」の定義を大きく逸脱するような「無理」をするのか?

それは「甲子園」という巨大な全国大会が存在するからだ。
甲子園は未成年の高校生の野球大会に過ぎないが、多くの観客が押し寄せ、すべての新聞、ラジオ、テレビメディアがその様子を大きく報道する。

このことによって、甲子園に出場し、活躍をすることで莫大な利得が生じることになったのだ。

選手は、有力選手として名を知られ、プロ、大学、社会人などへの進路が開ける
監督は、指導手腕を称えられ、社会的地位が高まる。引き抜きなどで経済利益も得る。
学校は、知名度が高まり、生徒募集が有利になる。
所在する市町村は、知名度が高まり、イメージアップにつながる

これらのベネフィットは「学校」「教育」と関係があるだろうか?
さまざまな問題、とりわけ「健康被害」という代価を支払ってまでも、獲得すべきものだろうか?

まず、ここから考えないと、高校野球改革は始まらない。

IMG_7748




2017年加賀繁、全登板成績



私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!