ohtani-Number


そろそろタコの日があってもいいとは思う。それほどいい打球も打っていないのだが、続くなあ。
調子の悪いロイヤルズとの敵地での対戦。

Ohtani-Bat0412


投手は33歳のケネディ。通算91勝、制球が良く、ナックルカーブ、チェンジアップが武器の技巧派だ。

第1打席、そのナックルカーブに手を出してファウル。インコースの速球を見送りストライクコール。次の外側の球を見送って見逃し三振。

第2打席、ケネディの球をじっくりフルカウントまで見る。左翼へのフライ。やや詰まっていた。

第3打席、走者が二塁にいる展開、まだ1-0だったので申告敬遠。

第4打席、カルフーンのタイムリーで2点が入りなおも満塁。ここで投手が元阪神のボイヤーからマウラーに代わる。大谷はもちろん初対戦だが、初球を思い切ってスイング。1-2から内角の速球をはじき返した。良い打球とは言えなかったが右中間に転がって走者一掃となる。驚くのは大谷の足の速さだ。二塁ベースの手前あたりからぐんぐんスピードが載って、あっという間に三塁に滑り込んだ。スタンドアップトリプルだった。振りぬいたことで打球が伸びたという印象だ。スイングが速い。

第5打席、クローザーのヘレーラの速球に詰まって三ゴロ。

とにかく積極的に向かっていく姿勢がある上に、よくボールを見ている。考えているな、という感じだ。

うーん、そろそろ安打が途切れてもいいと思うが、ここまで続くと不振に落ち込んだ時が怖い。



2017年加賀繁、全登板成績



私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!