あまり知られていないが、ミスタータイガースも二刀流で結構いい働きをしている。

呉港中から草創期のタイガースへ。

投打の成績。

Fujimura-HP


戦前の2シーズン制の時代は、1歳上の景浦將とともに投打の中心選手だった。

1937年春には規定打席と規定投球回数を共に満たしている。

この時期の職業野球はまだレベルは高いとは言えなかった。野球史を見れば、原初の野球は投手と野手は未分化で、プレーが高度化するとともに分化が進む。

1939年に応召し、43年に復員するがまた応召、戦後復員した46年には投手としてのキャリアハイを記録。藤村冨美男が二けた勝利を上げているのを知っている人は少ないのではないか。
ちなみに戦前からともにプレーした弟の投手、藤村隆男は46、47年とパシフィック、太陽にいた。人材不足だったのだ。

47年以降は登板機会が減り、打者としての本領を発揮し始める。48年には弟の隆男もタイガースに復帰し、6年連続で二けた勝利を挙げる。

30歳を過ぎてから「ミスタータイガース」は大活躍をし、戦後のプロ野球を盛り上げたのだ。




2017年加賀繁、全登板成績



私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!