これは成功事例とは言えないだろうが、やはり「二刀流の事例」ではあろう。
戦前デビューした唯一の2000本安打記録者。長嶋茂雄以前の最高の打者だと言えよう。

T-Kawakami


熊本工業時代に甲子園で準優勝。1歳年上の捕手吉原正喜とともに巨人に入団。本命は俊足強打の捕手吉原であって、川上はおまけだったという。

投手としては当時の水準ではパッとしなかったが、打撃練習で快打を連発したことから一塁手として起用され、入団翌年の1939年に首位打者。投手としてもこの年がキャリアハイだったが、以後は次第に万度から遠のく。

戦後は一塁手に専念し、一時代を築く。当初はアベレージヒッターだったが大下弘に刺激されて本塁打も量産。さらに鈍足を批判されたことから、盗塁もするようになる。

貧打の時代にずっと3割をキープ。ライバルの藤村冨美男よりもシャープな印象があった。

1958年、長嶋茂雄入団の年に1年だけ重なって引退。

当時の新聞を見れば、「2000本安打はもう出ないだろう」と書かれていた。川上の次の2000本安打は1967年の山内一弘まで待たなければならない。

ずば抜けた存在だった。投手のままだったら、そこまでの選手にはなっていなかったのではないか。




2017年加賀繁、全登板成績



私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!