「強打の投手」ということでは金田正一、米田哲也と並ぶのは別所毅彦だろう。圧倒的な体力を感じさせる。


滝川中時代春の甲子園で活躍するが負傷で戦線離脱。のちに毎日新聞が「泣くな別所、センバツの花」と書いて一躍有名になる。

投打の成績

bessyo


1942年、南海に入団。この際には巨人など他球団と激しい争奪戦があった。本人は巨人に入りたかったという。このいきさつが後に大きな禍根となる。

鶴岡一人が応召した南海でエースとして活躍。
復員後、鶴岡監督の下47年は最多勝の30勝。NPB記録の47完投。48年は29勝に加え打者としても驚異的な.340をマーク。

戦後3年連続で優勝を阻まれた巨人は、なんとしても覇権を取り戻すべく「別所引き抜き事件」を起こす。家一軒買い与えるという条件だったとか、夫人はすでに巨人派に回ったとか、当時の雑誌を散々にぎわして巨人移籍が決まる。
コミッショナーは南海に利ありとして一度は巨人に移籍を断念させるが、その後間に入ってトレードをまとめるという、江川事件と同じ経緯をたどった。泣くこと巨人には勝てぬという日本プロ野球の体質である。
別所は2か月の出場停止処分を受ける。これを機に名前を別所昭から毅彦へと改名。

巨人に入った別所は、全盛期を迎えエースとして君臨。打っても3割をマークするなど主軸並みの活躍をする。
川上、千葉を除いては強打者がほとんどいなかった巨人では中軸を打つこともあった。
おそらく打者一本で行っても高校時代からの僚友青田昇に匹敵する成績を挙げたのではないか。
体も大きく、センスも抜群だった。

1960年310勝で引退。通算221勝は巨人最多勝。巨人はいろんな選手を他球団から引き抜いたが、別所ほどの成功者はいないだろう。




2017年加賀繁、全登板成績



私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!