二軍戦の話を続ける。二軍戦が好きなのは「お客の粒が立っている」からだ。一人一人が思い思いのことをしながら野球を楽しんでいる。北朝鮮の「民族の祭典」みたいになる一軍戦とは大違いだ。

二軍でも応援をする人はいる。しかしそれに呼応する人は少数だ。
去年、ジャイアンツ球場でイースタンの巨人―楽天戦を見たときには、たった1人で、楽天の全員の応援歌を歌い続けたおっさんがいた。

IMG_1367


IMG_5429


声も枯れることなく、ずーっとやっている。宗教みたいだったが、一人でもすさまじい存在感があった。
ただ川崎市にはそれほど楽天ファンはいないようで、手拍子もまばらだった。このおっさんの人生はどういうものかと思ってしまう。

この間、奈良県橿原市の佐藤薬品スタジアムでオリックス、ソフトバンク戦を見た。こういう田舎の球場には、少年野球の選手や親子連れがわらわらやってくる。
それはいいのだが、子どもが悪さをしても親が一切止めない。私のすぐ前でつかみ合いの喧嘩がはじまって、気が散って仕方がなかった。
この球場は観戦する環境としても最悪だ。こういうこともあるのだ。

IMG_8241


大阪、舞洲のオリックスの二軍の球場も、ネットがびっしり張り巡らせてあって視界は最悪だが、ここは専属のDJがいて、試合を盛り上げている。

IMG_5518


二軍でも最近はアイドルが始球式をしたり、DJがいたり、結構演出が盛りだくさんだ。それを目当てにやってくるお客も多いのだろう。

IMG_4596


千葉、鎌ヶ谷であったこの始球式は、年よりの日ハムファンが「裸じゃねーか」とひどく興奮していた。

地下アイドルを追いかけるような感覚で、二軍の選手を追いかける女性ファンもいる。大きなカメラを振り回していたりする。

しかし、二軍戦では、本当の野球好きだろうと思えるお客がたくさんいる。いいプレーには敵味方なく拍手を送るし、プレーを的確に批評する。こういうのを見ると、やはり野球はいいものだと思う。

実は今日から名古屋にウェスタンリーグの中日戦を見るために出かけている。子どもの頃、中日ファンだった親父に連れられて行ったこともあるナゴヤ球場で試合がある。
ここで、またディープなファンの言動を採取しようと思っている。こういうのがいいのだ。



開幕15試合終了時のチーム毎勝敗4~阪急~オリックス・南海~ソフトバンク・セネタース~日本ハム・高橋~トンボ



私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!